最終更新  2017年11月20日 (月) 7:38

サイトへようこそ!

 お客様の数は

 

(2013/4/1~)

 

私は看護専門学校を卒業後、看護師として働きながら大学通信教育で学んで来ました。この経過を綴ってきたのが、旧サイト「ほんわか修士生活-働きながら楽しむ大学通信教育」です。
その後東京女子医科大学大学院博士後期課程に進学。2013(平成25)年3月に修了し、博士(看護学)の学位を授与されています。これを機に、サイトの名称を「ほんわか博士生活 - 看護と著述とサルトルと」に変えました。
私の専攻は看護職生涯発達学で、学位請求論文は「看護師の実存から探る看護の本質と、それを職業として生きる意味」でした。サルトル哲学を援用し、看護の本質と、看護師として生きる意味を探求する試みでした。
終生フリーランスの作家&哲学者として人間を探求したサルトルは、私の永遠のアイドルです。臨床で働きながら、著述に励み、そこに研究の視点も織り込んでいく。そんな仕事と暮らしを目指しています。
脱線が多い日々の記録を、DIARYに綴っています。

どうぞご覧ください!


(2013年4月1日 DIARYより)

サイトをリニューアルしました!

今日から新年度。1993年に武蔵野美術大学短期大学部通信教育部の学生になって以来、20年ぶりに学生証のない生活が始まります。
博士(看護学)の学位を得ましたが、生活は今までのままです。臨床で働きながら、これまで続けていた著述に、研究で得たものを加味していきたいと思っています。

…とまあ、暮らしは変わらないのですが、サイトはリニューアルしました。理由はもうおわかりだと思いますが、
「ほんわか修士生活―働きながら学ぶ大学通信教育」という名前が合わなくなったからです。
新しいタイトルは「ほんわか博士生活 - 看護と著述とサルトルと」。今の自分を現し、日々の日記も書きやすいように、と考えたタイトルです。

これまで同様、今後ともよろしくお願いいたします。