2018年1月16日(火)

コラムの反響

毎週月曜日、東京新聞に書いているコラム。今回は、着物の販売・レンタル会社「はれのひ」が急に閉店。成人式の着物が受け取れない人が多数出た事件を取り上げました。

晴れ着そのものの価値については、個人の趣味の問題でしょう。私は着物は全く着ませんが、それでも、着物の文化は素晴らしいと感じる場面もあります。成人式に晴れ着で着飾る人がいること自体が悪いとまでは言いません。
ただ、晴れ着がないと出席できない、(と感じさせてしまう)式典を、自治体が行っていることや、それに対する批判がないこと。 ここに私は強い危機感を抱くのです。

ひとつの問題提起として、これをFacebookにもアップしました。
すると、今日の夜22時の時点で、「いいね」が200以上付き、記事のシェアも100件近くになっています。
多くの方に関心を持っていただき、本当にうれしいです。
いただいたコメントも、ほとんどが肯定的な内容。同様の視点の批判が出ない報道に対する批判も寄せられました。

また、コメントの中には、晴れ着を着られず傷ついた体験も書かれていました。私のように、晴れ着を着ない人間もいれば、着たくても着られない人もいます。結果として晴れ着を着ないのは同じでも、異なる体験なのでしょう。
そんなことも考える、よい機会でした。コメントを寄せてくださる方々に、心から感謝しています。


2018年1月13日(土)

ぐぅ吉定期受診結果

今日はぐぅ吉の定期受診。慢性腎不全の評価のため、3ヶ月に1回採血をしています。
実はぐぅ吉、去年の後半から、2週間に1度くらいのペースで、嘔吐するようになりました。猫によっては、健康でも頻回に吐く子もいます。頻度としては、決して高くないのですが、やはり変化という意味では、心配の種でした。
直近では、大晦日と、昨日の夜に、食べ物を吐き、毛玉もあったりなかったり(毛玉があれば、それを吐き出すため、ということでまあ安心できるのですが)。前回10月後半の時は問題なかったのですが、さて今回はどうなるか。かなりどきどきだったのです。

結果は以下です。前回(昨年10月23日)とほぼ変化なしでした。

  • クレアチニン 3.4mg/dl (高値:正常値0.8~2.4)
     腎障害の程度を表す最重要指標
  • BUN(尿素窒素) 33mg/dl (正常:正常値16~36)
     腎機能低下の結果体内にたまる老廃物の量を示す
     高値になると尿毒症
  • P(リン) 3.6mg/dl (正常:正常値3.1~7.5)
     腎不全の長期的な進行度を示す)
  • TP(総タンパク) 7.0g/dl (正常:正常値5.7~8.9)
  • アルブミン 3.3g/dl (正常:正常値2.3~3.9)
     腎不全ではタンパク質が尿中に漏れ、この2つの値が低下
  • HB(ヘモグロビン濃度、血色素量) 12.4g/dl (正常:正常値9.8~16.2)
     腎臓はエリスロポエチンという造血に関わる物質を分泌
     腎不全が進行するとこの物質が作られず貧血になる

この値を見ると、現状は「腎不全の状態だが、それによる尿毒症、低タンパク、貧血などの症状は起きていない」ことがわかります。2007年9月に腎不全とわかった時のクレアチニンが2.7mg/dl。2009年7月に尿路結石によるものと思われる急性腎不全を発症して以降、ほぼ3.0~3.6mg/dlで推移しています。
在宅皮下補液と内服(タツジピン)が奏功し、10年を越えて進行が抑えられているのは喜ばしいことです。

嘔吐については、腎不全との関連が否定されたのは喜ばしい一方、原因は不明のままです。ただ、前回検査ではfPL( 猫膵特異的リパーゼ)が高値で、慢性膵炎の可能性が否定されていません。これによる嘔吐もあり得るのですが、これ以外にも消化器系のがんも可能性としてないわけではなく、後はどこまで精査するかという話になってきます。

私たち夫婦としては、わかっても仕方がないことは負荷をかけてまで調べなくて良い、という立場。消化器系のがんは、わかったところで16歳の腎不全の猫に、積極的治療をするとは思えませんから、精査は希望しませんでした。
長く腎不全をコントロールできるのはうれしいことですが、これによって、他の病気にかかるリスクも出てくるわけです。
(もちろんそんなことはないのが良いのですが)もしこの先、ぐぅ吉が腎臓の余力を残しながら、がんにかかってしまうとしても、それはがんになるくらい長く生きたということ。
お世話になっている動物病院は、先生もこのあたりは同じ考え。このように、(フランス的な意味で、倫理性も含めた)senseが一致する先生にかかっているのは、とても幸せなことだと思います。

なお、今回も血糖が206mg/dlと高値は続いていました(正常値71~159)。この程度ならば問題ないそうですが、何かストレスがかかるとあがりやすいので注意が必要と言われました。
今も、嘔吐の後など変化があるとすぐに尿糖を試験紙で測り、陰性を確認してきました。250~300mg/dlを越えると尿糖が陽性になるそうなので、これからも測定を続け、様子を見たいと思います。

猫を通してまた、生理学の勉強をしているような日々。ぐぅ吉を通して腎不全についてはずいぶん知識が増えました。
腎不全は長寿猫には避けられない老化とも言えます。 猫を飼っていらっしゃる方に、参考になれば幸いと思い、詳細に書きました。

写真は、2階ベッドルームの(人間の)ベッドで寝ているぐぅ吉。右奥にあるのは3種類の腎不全用フードを盛った皿と水。お好みのものを召し上がれるよう、給仕2名が病弱のお嬢さまに仕えています(笑)。


2018年1月12日(金)

久しぶりにほぼ5日勤

昨日は出勤。そして、今日も欠勤2名が続き、休みを返上。結局今週は5日間出勤となりました。
ただし、火曜日は午前中原稿を書いて、午後出勤。実はこの日が一番エネルギーを使ったような気がします。

常勤の時には当たり前だった5日勤も、久しぶりにやると、けっこう疲れますねえ。前の職場に比べれば、ずっと拘束時間も短いのですが。
やっぱり体力が落ちたのか。こればかりは仕方がありませんね。

気づけば前の職場を辞めてから丸9年になろうとしています。辞めた時45歳だった私は、今54歳。いろんな変化があっても当たり前なんですよねえ。これは受け入れよう。

幸いこの週末はフリーです。急ぎの原稿をやりながら、少し休み、来週に備えます。


2018年1月10日(水)

降りた!原稿の神が!

今日は在宅ワークの日。投稿する論文の修正をがんばろうと心に決めていました。
ところが、まだ先と思っていた原稿の締め切りが、なんと昨日だったことが発覚。7000字の原稿を、今日書き上げねばなりません。

とにかくそれを終わらせて論文にかかろう。そう決めて原稿に取りかかったところで、職場から電話。お子さんのインフルエンザで同僚2名が出勤不能。代わりに出勤してくれないかの打診でした。
出たいのは山々なれど、原稿だけはなんとかしたい。結局午前中で原稿を書き上げ、午後出勤になりました。

ところが、この瞬間、原稿の神が舞い降りました。本当ですよ(笑)。
なかなか方針が決まらなかった原稿に、俄然やる気が湧きました。そして、書く方向性も、はっきり決まって。

点の宝を積むんだ御利益でしょうか。ありがたいことです。


2018年1月9日(火)

宮台真司「平成という時代は被害妄想と誇大妄想の泥沼」

ネットで興味深い記事を見つけました。宮台真司氏のインタビュー記事です。

宮台真司氏の発言はフェミニズムについて語らない限りはとても納得できるなぁ。良い記事です。

精神科の訪問看護の仕事を通して、親の強烈なコントロールが、この人の病気を加速させたな、と感じることがあります。親にこの感覚があれば、あの人もあそこまで病まなかったろう、と思いながら読みました。
一方で、コントロール欲求は、人間には誰にもあるもの。コントロールしたがる自分を自覚し、自らコントロールすることが、全ての人に望まれます。
ワタシも気をつけよう。

以下にご紹介します。

----------------------------------------------------------

宮台真司
「平成という時代は被害妄想と誇大妄想の泥沼」

2018.1.9 07:00 週刊朝日

■コントロールすることで承認感覚を得たい

平成は「コントロール系」の男たちの怖さがあらわになった時代です。犯罪者の男たちに限らず、他人をコントロールすることで自分への承認感覚を得たいという欲望が強まりました。他人を支配したいのに支配できない。それで抑うつ的な不全感に陥った者の一部が、コントロール不全を埋め合わせる犯罪に向かいました。

自分がコントロールされるだけの存在だという劣等感を埋め合わせるために、弱い者を見つけてコントロールしたがる、という動きが進んだのです。そこから“ネトウヨ”も生まれたし、様々な犯罪さえ生まれました。

見栄えに気を使うのも、見掛けによって相手をコントロールすることで承認されたいという願望によるものです。平成29年(2017年)ユーキャン新語・流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれたことが、今を象徴します。

■一つ屋根の下のアカの他人から始まった

平成は、個人が分断されて孤立した時代です。平成の幕開け(1989年)に、家族にまつわる二つの大きな事件が起こります。一つ目は、3~4月に4人の少年が逮捕された東京・綾瀬の「女子高生コンクリート詰め殺人事件」。二つ目は、7月に宮崎勤元死刑囚が逮捕された「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」です。

二つは似ている。宮崎勤元死刑囚は、家の敷地のはなれで、遺体を解体した。綾瀬の事件では、階下に両親が住む家の2階で、女子高生を40日間暴行して死なせた。双方とも犯行が家族の近辺で行われています。「一つ屋根の下のアカの他人」がキーワードです。

■糸が切れた少年集団犯罪と動機不可解な単独凶悪犯罪

実は予兆がありました。平成に入る7年前、1982年からワンルームマンション建設ラッシュになって各地で反対運動が起こりましたが、「単身世帯の孤立」と「地域共同体の空洞化」を象徴します。続いて、組事務所撤去運動が起こります。地域と共生してきたヤクザが異物として忌み嫌われ始めたのです。昔は不良少年グループを地元ヤクザが“ケツモチ”して地域との共生の作法を教えましたが、ヤクザとの関係が薄れて「糸の切れた凧」のような少年集団犯罪の暴走が始まります。綾瀬コンクリート詰め事件はその結果でした。

他方、「東京・埼玉連続少女誘拐殺人事件」の方は動機不可解な単独凶悪犯罪の出発点です。以降、「酒鬼薔薇事件」に象徴されるような動機不可解な単独凶悪犯罪が、平成を通じて社会を揺るがすことになります。

■エリートがこんなはずじゃなかった感からカルトへ

平成7年(95年)3月、オウム真理教の信者らによる「地下鉄サリン事件」が起きます。逮捕された教団幹部が医者や大学院生だった事実が衝撃でした。エリートのカルト犯罪も平成を象徴します。努力したのに自分はさして輝かず、人々も気にかけてくれない。高度成長期に生まれ育った世代の「こんなはずじゃなかった感」が背景にありました。

出発点は、80年代に「アウェアネス・トレーニング」(問題解決マネジメント)のブームでした。「人格改造セミナー」とも呼ばれます。自己像を支える無意識の言語プログラムを書き換える訓練のこと。70年代前半、ベトナム戦争の帰還兵が社会復帰に失敗して凶悪犯になるケースが続出したことに対処するためのセッションがルーツでした。

それが70年代後半にエグゼクティブ向けに展開する。競争を勝ち抜くには意志の力が強調されますが、意志はくじけがちなので、意志で抑え込んできた欲望の側を書き換えます。セッションを工夫すると「神の声」が聴こえたり「体が燃える」のを体験できたりします。免疫がない人は実際に起こったことだと思い込む。「神通力を使える教祖」の誕生です。

オウム真理教の事件の後、カルトを生み出す強力なアウェアネス・トレーニングは鳴りを潜めましたが、コーチングや自己啓発の名で今も生き残っています。自分が前向きになれないのは、自分の心に問題があるからだ」という「心理学化」も平成の特徴です。そこでは、社会に問題があって前向きになれない可能性が覆い隠されるのです。

■酒鬼薔薇聖斗事件と秋葉原通り魔事件の違い

さて、平成9年(97年)に、14歳の少年Aによる酒鬼薔薇聖斗事件が神戸市で発生します。以降、数々の動機不可解な単独凶悪犯罪が連続し、人々を震え上がらせました。後にサイコパスの名で知られましたが、痛みを含めた人の感情を自分の心に映し出せない「同感能力を欠いた存在」が、社会に包摂されずに暴走したのだと考えられました。

平成20年(08年)6月の「秋葉原通り魔事件」も単独凶悪犯罪ですが、酒鬼薔薇事件や以降の類似事件とは動機構造が違う。犯人はネットで「どうでもいい存在=誰でもいい存在」として扱われたことへの復讐として殺人を思い立ちました。以降この種の「誰でもよかった殺人」が目立ち始めます。平成28年(16年)7月の「相模原障害者施設殺傷事件」や、平成29年(17年)10月の「座間9遺体事件」です。

■コントロール不全の埋め合わせで殺戮(さつりく)するコントロール系の男

相模原と座間の両容疑者はともに90年まれで、両者とも美容整形していると報じられました。美容整形は、相手の心を見ずに自分の見栄えにこだわるコントロール志向の表れです。彼らが殺害したのは、相模原では重度障害者、座間では若い少女らという具合に、共通して「コントロール可能な弱者」を選んでいます。

他人を支配したいのに支配できない。その結果、抑うつ的な不全感に陥り、一部がコントロール不全を埋め合わせる犯罪に向かう……最初に話したパターンが見いだされます。こうしたコントロール志向は若い男たち全体の傾向です。コントロール志向が強すぎると挫折への恐れから男たちが性からの退却傾向を示します。

コントロール系の男には、女を理解しようとか幸せにしようというマインドはない。セックスにおいても、アダルト映像をなぞって「オレだってこんなこともできるぞ」という自己満足を得たがります。置き去りにされがちな女は、性からの退却傾向を示します。

■実りなき社会で「ここではないどこか」を求めてボランティアへ

平成7年(95年)の阪神・淡路大震災ではボランティアがブームになりました。「地下鉄サリン事件」もこの年です。共通のキーワードは「ここではないどこか」。普段は存在が希薄な自分でも、どこかで非日常を経験すれば、生きていることを実感できるだろう……と。

平成23年(11年)の東日本大震災でもボランティアが活躍しましたが、そこで見られたのは「ここではないどこか」への志向ではなく、「この社会は続くのだろうか」という疑問でした。原発事故もさることながら、むしろ救援物資の奪い合いなどに見られる社会の劣化が、疑問を裏付ける形になりました。

■愛よりカネの両親が正しさより損得の子を育てる

日本青少年研究所の国際比較調査(日米中韓)を見ると、日本には、一方で「自分は無価値だ」と思う若者がとても多く、他方で親を尊敬していない若者もすごく多い。各種の調査が共通して「女はカネがあれば結婚せず、カネがない女がカネがある男と結婚するので、カネがない男は結婚できない」ことも示しています。

カネで結びついた両親が、「愛と正しさがあれば立派に生きられる」と教えず、「勉強しないと負け組」「得をしたければ勉強しろ」と教えるのです。勝ち組が上位1割とすれば9割が自尊心を奪われるし、「愛と正しさ」を欠いた親は尊敬できません。

かくして「自分は無価値」と思う親を尊敬しない若者が、「正しさよりも損得」という生き方をします。若い世代ほど、就職率の高さや失業率の低さを理由に安倍政権を支持しているのは、それも背景にあるでしょう。

■平成とは「分断と孤立」が招いた「被害妄想と誇大妄想」の時代

こうして、昭和末期の80年代に進んだ家族と地域の空洞化が、90年代に完成しました。人は、分断されて孤立すると、被害妄想と誇大妄想の“沼”にはまります。ルールを破った者を見つけて集団炎上する者や、排外主義的なネトウヨの増殖はその現れです。

かくして「行政は何をしている」と騒ぎ、自分の損得しか考えない人が、社会にのさばっています。共同体の崩壊を背景とする不安ゆえに「法の奴隷」と「カネの奴隷」が増殖したのが「平成」という時代でした。

(構成/本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定記事


2018年1月8日(月・成人の日)

3連休は日曜日だけ休み

夫は1月6日(土)から今日まで3連休。彼の職場では、5日(金)も休み、年末年始から連休にしている人も多いそうです。
一方、私は3連休、休みは日曜日だけ。土曜と今日は出勤でした。

連休はなかったものの、この3日間、十分遊んで満足です。中でも楽しんだのは万年筆のインク入れ替えでした。
なんだそれは、と思う方もいらっしゃると思いますが、私たち夫婦は、大の万年筆好きなんですよ。
けっこうな数持っているので、スタメンとそうでない万年筆を入れ替えながら使っています。
万年筆の楽しみのひとつは、種類豊富なインク。これを入れ替えるのは手間がかかるものの、とても楽しい時間なのです。

これまでは軸色に合わせてインクを入れていたのですが、職場ではもっぱらブルーブラックを使用。今年は、軸色に関係なくこの色を使い、持っている万年筆をフルに使うと決めました。

写真は、職場に持参しているペンケースで、左からマイスターシュテュック146(モンブラン)、カスタムヘリテイジ92(パイロット)、ギロシェ・オレンジ(ファーバーカステル)。入れたインクはそれぞれ、同じブルーブラック系ですが、別々のインクです。

こんなコマコマした作業をしていると、自然に仕事モードに切り替わってきます。明日もまた勤務。明後日は在宅ワーク。こちらも本格的な仕事始めがそこまで来ています。


2018年1月5日(金)

仕事始め。本当によい職場と感謝しました

私は今日から仕事始め。でも病院の仕事自体は、昨日から始まっています。お年始その他の都合で、昨日ははじめ勤務の予定だったところを、休ませていただきました。
同僚や上司に忙しい思いをさせてしまったかなあ、とちょっと気になっての出勤。聞けば、忙しい中にも、なんとかしてくださったようで...。
「お互いさまだからね~」との同僚の言葉に、本当に心温まる朝の始業でした。

そして午後。科長が労務管理を担当する経理課から連絡を受け、「宮子さん、大晦日の休みを年休にするって、経理から連絡があったよ」と言われました。
私の勤務先は、年休(有給休暇)の切れ目は年度でなく年。繰越は1年までなので、2017年分は繰り越せますが、2016年分は切り捨てになります。確かに1日くらい残っていた気はしたのですが、別にそのくらいはいいや、と言う感じ。
わざわざ経理が気づいてくれて、切り捨てないようにしてくれるとは。なんてありがたい職場なのでしょう。ぐっときてしまいました。

とは言え、周囲を見れば、有給休暇は全消化が当たり前。去年分を○○残しているのは、私だけです。ただし、これは、世話する人間がいないのに加え、丈夫な身ゆえでしょう。
小さいお子さんや親御さんの介護をしている人は、有給休暇の残りを気にしながら、計算しながら休みを取っています。

それにしても、この有給休暇に関する職場ごとの考え方の違いは、いったい何なのか、と考えてしまいます。 何しろ、前の職場では、切り捨てが当たり前で、退職時には39日捨ててきましたからね。
そんな感覚はすぐに変わらず、2009年に就職してからしばらく取らずに来ていました。有給休暇を取ることに対してやましい気持ちが、どうしても湧いてしまったからです。

以前の職場では、管理者として、常勤職員にも有給休暇をつけられず、ましてや非常勤職員につけたことなどほとんどありませんでした。そんな自分が有給休暇を取るのは申し訳ない。今もこの気持ちを、完全に払拭できずにいます。
ここを突き詰めるのは、とてもつらいことなのですが、忘れてはいけない気もするんですよね。

とは言え、今の職場は本当にありがたい。と素直に思いました。申し訳ない気持ちは感謝に換えて。今年もがんばります!


2018年1月4日(木)

仕事始めの準備

病院勤務は明日が仕事初め。それに向けて手帳の整理をしました。
写真は、手帳にはさんでいつも持っている新聞の切り抜き。東日本大震災から1ヶ月ほどたった、2011年4月14日の朝日新聞朝刊の記事です。
鈴木さんと猫のひなたちゃん。会えて本当に良かったなぁ。今はどうしているんだろう。
じっと写真を見ていると、私まで号泣しそうです。
先にどんななりゆきが待っていたとしても、今この瞬間、再会の感激は決して色褪せないでしょう。


2018年1月3日(水)

寄り集まりはいいなあ

今日は亡き母の伴侶・みっちゃんが暮らす元実家に年始まわり。賀状の整理を終えて到着したのが15時前。すでにみっちゃんのバンド仲間が集っていました。
そこに家族同様におつきあいしているご家族も合流し、20代から60代までと年齢も職業もさまざまな人が集いました。

幼い頃から血縁だけで暮らしたことがなかった私は、こうした寄り集まりが大好きです。血縁だけの家族って、なんか風通しが悪くて、息苦しい。そんな感覚が抜けきれません。

今日は、みっちゃんが実家から持ち帰った浦和高校時代の卒業アルバムをみんなで見て、腹がよじれるほど大笑いしました。バンド仲間の1人はみっちゃんの浦和高校時代の友達。知られざる過去も明かされます。
一番おかしかったのは、当時はいろんな所に写る学生がいて、本来クラス別、部活別に撮る写真に、無関係な人が写っていること。
みっちゃんも、そのお友達も、関係のないクラスや部活の集合写真にちゃっかり写っていました。
当時の浦和高校は暖房がなく、冬はあまりの寒さにコートを着て授業を受けたそうです。
とても賢い学生が集っただろう浦和高校。それゆえ、変人も多かったのでしょうね。
豪快に初笑いしてきました。


2018年1月2日(火)

自慢の住所録

今年の年始回りは、2日に分かれました。元旦夕方が夫の実家。そして3日午後が私の元実家。そんなわけで、 今日は特に予定のない休日となりました。
まずは昨日たくさん来た年賀状の記録を住所録に入力。下の写真が、何年もかけて練りに練ってきた、FileMaker製の自作住所録です。

スクリーンショットなので見えにくい写真になってしまいましたが、いくつかあるレイアウトの内、「年賀状発送作業」用のレイアウトがこの画像です。
まず記載できる連絡先は、自宅、勤務先、その他の3種類。このどこに発送するかを、左下枠内にある「発送先」で選び、その下に「敬称」「連名」を選ぶダイアログが置かれています。
中程下寄りにある色とりどりのマス目には、年ごとの発送と受領の記録を入力。この画面には2013年から2020年までを見せていますが、実際には1995年からの記録が入力されています。
....と書いてびっくり。なんとなんと、22年 もこの住所録を使っているのですね。ひぇ~~~~~~~~~。
Macでファイルメーカーを使い出してからず~~~~~~~っと。

少なくとも私には使い勝手の良い住所録に仕上がっているのは、この年月ゆえ。ますます愛着が湧いてきました。


2018年1月1日(月)

あけましておめでとうございます

今年の年賀状です。一番うれしかったことを書いたら、政治ビラのようになってしまいました(笑)。でも、去年の後半はこんな感じ。そして市政に市民として関わる一年にしたいと、これも抱負の1つです。

こうしてウェブに載せたら、嗚呼、1ヶ所間違いを発見。「2人」と「二人」を混在させてしまいました。ここは敢えて直しません。

ここまで書いたら、今年の抱負を。

  1. 研究者と名乗って恥じないよう、論文を投稿する!
  2. 松下玲子市長の支援者として、市政に市民として関わる!
  3. 身体を大事に楽しく暮らす♪

皆様、今年もよろしくお願いします。