2019年2月16日(土)

あっという間の1週間

今週は、水曜、木曜、そして今日が訪問看護のバイト。昨日は会議や出講、原稿書き。今週もけっこう慌ただしく過ぎました。
まだまだ寒い日が続き、なんとなく疲れやすくなっています。週末は野暮用を足しつつ、休養もとろうと思います。


2019年2月13日(水)

ぐう吉の幸せな寝床

目が見えなくなったぐう吉は、その後も変わらず生活しています。老猫ぐう吉は日中もよく寝るのですが、夜は人間の寝床で一緒に寝ます。
その姿が本当にかわいいんです~。

以下、珠玉の2枚をご覧ください。


2019年2月12日(火)

3連休のまとめ

2月9日(土)から11日(月)までの3連休は、イベント続き。勤務はなかったものの、かなりのエネルギーを使いました。
まず、10日(日)は私が代表世話人を務める「松下玲子を応援する会」主催の「新春の集い」。松下玲子武蔵野市長を応援する仲間が集まり、温かい宴となりました。
この集いでは、ツレがみんなで歌う「早春賦」のピアノを弾くことに。前日の9日(土)はその編曲と練習に明け暮れ、あっという間に終わりました。
その甲斐あってピアノ伴奏は順調に終了。私も会場での挨拶など、なんとか終えることができました。

2月11日(月)は友人のお父様の葬儀。夫婦で初めて青山斎場へ行きました。なかなか予定がつかないことも多いのですが、やはりお悔やみには可能な限りうかがいたいと、改めて思いました。

あっという間に終わった3連休。そして翌日の今日は、続々と〆切りがやってくる原稿を、一気に3本仕上げました。これでちょっと一息ついた感じです。

明日からの2日間は訪問看護のバイト。社会復帰する感じです。


2019年2月11日(月・建国記念日)

恐怖の支配

2019年2月11日(月)の東京新聞「本音のコラム」は、千葉県野田市で起きた父親による長女への虐待死亡事件を取り上げました。

亡くなった小学校4年生の心愛さんは、いじめに関する学校アンケートで「お父さんにぼう力を受けています」などと回答し、児童相談所が一時保護を行いました。
しかし、結局児童相談所は一時保護を解除。その後、 父親の要求に屈した市の教育委員会の幹部がそのコピーを父親に渡していたこともわかっています。

この事件については、すでに多くの報道や解説が行われ、児童相談所や教育委員会の対応が批判を浴びています。同時に、児童相談所の圧倒的な人手不足も指摘されるなど、対応を要する虐待事件の増加に対応し切れていない社会のあり方が問題になっています。

私が注目したのは、この事件における児童相談所や教育委員会の誤った意思決定において、常に父親の威圧が関わっている点でした。
私は精神科の看護師として、明らかな疾患以外にも、さまざまな精神病理を抱えた人と関わってきました。時に相手の不安定さに強く影響されると、私自身が冷静さを欠き、今思うとおかしな意思決定をしていたこともあります。
コラムではその点に絞って書きました。

いろいろな失敗を重ねる中で、私が手がかりとしたのは、精神科医の中木久夫氏が書いた『看護のための精神医学』にある、境界型人格障害の人との関わり方でした。以下はそれをまとめたものです。

  1. 会話では自分のチャンネルを守る。絶えず変化する相手には定点になることが重要
  2. 怒りは15分ぐらいしか続かない。 火に油を注がないこと
  3. 患者を特別扱いしない。「大勢の中の格別変わりばえのしないl人」である体験は、患者にとって治療的
  4. 患者は「言葉の持つ意味の内の端っこの意味」で話す。言葉の端々にこだわらない
  5. 規則を破った場合には、破った事実だけを指摘し、処罰的な語気や内容を加えない
  6. 不安定な人格的問題は横目で見て、強迫性など、付随的な面を見据える
  7. 担当者はしばしば孤立する。責任者はこれを理解し、担当者の性格や未熟のせいにしない

目標としては、相手から「できるヤツ」と見られるよりも、「鈍感で変なヤツ」と思われるくらいがちょうど良い気がします。ゆめゆめ相手に気に入られようとしてはなりません。

今回のような事件、強い暴力性を持つ人には、何を書いてものんきな話しになってしまいまうのですが........。
自分がなるべく不安抜きに人と向き合うにはどうするか、という方略を意識する。これは、児童相談所のように、時に人の闇と関わらねばならぬ職場では、欠かせない構えだと思うのです。

また、職員が不安最小限に現場で働くためには、豊富な人員と、十分なとりうる手立てが必要なのではないでしょうか。
ひとりでなんとかしなければらならいと思うと、人間は精神的に追い込まれます。また、「一時保護しても預け先が満杯」という状況では、取れる手立てが限られます。
ひとりひとりの能力には差があるとしても、その人の能力を最大限発揮してもらうには、不安はマイナス要因。孤立せず、安心して仕事に取り組める体制を作ることが、急務だと考えます。

以下の記事は、弁護士の立場から、学校付きの弁護士(スクールロイヤー)の導入を提案するものです。これもまた一案ではないでしょうか。

https://www.bengo4.com/c_1009/c_1403/n_9193/

強いストレスに晒される人間が常に正気で意思決定をするためにも、ゆとりある体制作りは急務なのです。
「担当者はしばしば孤立する。責任者はこれを理解し、担当者の性格や未熟のせいにしない 」。この言葉を改めてかみしめています。


2019年2月7日(木)

ひな人形を出しました

今日の朝、エサシトモコ先生作のひな人形を出しました。去年は出すのが遅く、短い時間しか出せず。今年は立春過ぎたらすぐに出すと決めていたのです。

ぐう吉には、以前買った小さいお雛様をあげることにしました。だって女の子ですから。イマイチ喜んでいませんが.....。

結局エサシ先生作「ぐう吉さん」の横に置きました。


2019年2月6日(水)

雨の訪問看護

今週は、火曜から金曜までの4日勤。月曜は勤務者に病欠がでて、臨時出勤の可能性がありましたが、予定通りに休め、急ぎの仕事を片付けることができました。

天気予報が当たって、今日は朝から雨。最高気温が7度の寒い一日でした。結局雨が上がったのは15時過ぎ。午後の訪問の帰路は空が晴れましたが、やっぱり寒かった!

雨中走行は本当に疲れます。家に帰っても、思考が回らず、原稿は書けませんでした。
その分明日の晩ご飯を作りおき、時間をやりくり。寒さが身体に残って頭が回らない日は、日を使う料理が身体にもいい気がします。

博士論文の印刷公表

そんな中でも、今週はひとつ大きな仕事が片付きました。ず~~~っと引きずっていた博士論文の学術学会誌への投稿が、ようやく認められ、4日に最終提出。その後もいくつか確認事項をやりとりし、本日をもって終了しました。
原著ではなく資料での採用でしたが、とにかくこれで一区切り。「博士論文の印刷公表」のデューティを、やっと果たせます。
あとは単行本化や、新たな研究に歩みを進められる!

本当に肩の荷が下りました。


2019年2月4日(月)

SNSの出会い

2019年2月4日(月)の東京新聞「本音のコラム」は、SNSを介して知り合った男性を訪ねて被害に遭った、茨城県の女子大生殺人事件を取り上げました。

2月2日の産経新聞(あまり引用したくない新聞ですが...笑)によれば、SNSを介しての出会いから犯罪被害に遭う事件の増加は、以下のような調査結果が報告されているそうです。

ネットでの出会いをきっかけにした犯罪は若年層で増加傾向にある。警察庁によると、29年にSNSを介して犯罪被害に遭った18歳未満は1813人で、5年連続で過去最多を更新。相手と会って被害に遭ったのは1468人と約8割に上る。会った理由では「金品目的」が435人(29・6%)と最多。「優しかった、相談にのってくれた」が336人(22・9%)、「交遊目的」が249人(17・0%)と続いた。
https://www.sankei.com/affairs/news/190202/afr1902020020-n1.html

こうした問題が起こる一方で、SNSは私たち大人の生活にも浸透し、若い人へのアプローチにも活用されるようになりました。もはや「SNSは怖いから若い人から遠ざけよう」は無理というのが実感です。
何に気をつけたらいいのかを、実際お子さんを持つ人と話しながらわかってきたのが、この記事に書いた、「知らない人を知った気になってしまう」距離感の狂いでした。

思えばケータイ電話が普及した当初も、こうした狂いがありました。ある時結婚を前提に2年以上男性と一緒に暮らしていた友人の女性が、散々経済的に面倒をみた挙げ句、男性に逃げられてしまいました。
驚いたのは、実にしっかりしている彼女が、男性の携帯電話しか知らなかったこと。携帯電話は解約され、一時は全く連絡がつきませんでした。
最終的には男性の友人やバイト先を経由してなんとか居場所がわかったのですが、結果的に身元のはっきりしない人と結婚の約束までしてしまったショックが、彼女を打ちのめしました。
その時彼女と私でいろいろ話す中で出たのは、「電話番号を知っていれば、家がわかっている気になっていた」錯覚でした。
これは固定電話の時代の感覚なんですよね。携帯電話は違います。いつでも連絡がつく。でも、いつ一方的に連絡が絶ちきられるかわからない。携帯電話を知っているからといって、今連絡がつく、と言う以上の関係ではないのです。

私たちは、携帯電話のこうした不安定な距離感について、すでに慣れてきているように思います。SNSについても、早晩慣れてくるのではないでしょうか。
大事なことは、「SNSで繋がっているだけでは、相手の身元はわからない」と理解すること。そして、若い人には、それを前提としたSNSの活用を伝えていくのが大事だと思います。

 


2019年2月3日(日)

節分

昨日は日勤、今日はオフ。とても暖かい一日でした。このところ寒い冬の疲れが出たのか、少し疲れやすい感じ。朝は9時に起き、少しのんびり過ごし、いいお休みでした。

今日は節分。豆まきのあと、夫婦で55個ずつ豆を食べ、お腹がいっぱいです。春がまた一歩近づいてきました。


2019年2月1日(金)

今日から2月

今日は日勤。ずっと具合が悪く、拒絶的だった利用者さんの具合が改善し、久しぶりに訪問することができました。
本当によくなっていて、舌断も弾みます。こうした回復を目の当たりにする機会は、滅多にありません。久しぶりにとても良い気分。時々は目に見えて成果が欲しいですね。

とってもさい先のいい。2月のスタートです。