2018年2月14日(水)

義理チョコ論争

今日はバレンタインデー。これまでは、男性の上司と、ご縁が深い他部署の男性職員に、義理チョコをあげてきました。
数日前、この廃止が職場で話題になったのですが、結局継続。私は、どちらかと言えば廃止に賛成でしたが、継続と決まれば、異存はなし。快く協力しました。

なぜ廃止が議論になったかというと、結局お返しが大変ではないか、という意見が出たからです。そのもとになったのは、子ども同士のバレンタインデー/ホワイトデーのやりとり。おやとしてお返しに気を遣わないわけには行かず、とても大変だと言っていました。
そこから、いろいろ類推するうち、「結局、奥さんが気を遣ってお返し買っているのかも」「誰にあげる、あげないも、考え出すとややこしいよね」......などなど。
そんなわけで、一度は廃止にぐんと傾いたのでした。

この「論争」は来年もまた再燃するかも知れませんが.....。始めたものをやめるのって、けっこう大変。
バレンタインデーは、チョコ屋の陰謀という説が有力ですが、実にうまく仕掛けたものですね。

.....と言いつつ、夫には心を込めてあげましたよ、チョコレート。義理でなければ、いいのです(笑)。


2018年2月12日(月/振替休日)

休日勤務

私が勤務する訪問看護室は、日曜日が完全休業。土曜と祝日は平常営業です。保育園が祝日やっていないため、祝日勤務はどうしても入れる人が限られていたのですが、ここに来て、だいぶ事情が変わりました。

日が経てば、子どもは育ちます。この数年一緒に働いてきた同僚のお子さんも、みな小学生。来年は中学生になる子もいます。
異動などによる入れ替わりもあって、今現在保育園に子どもを預けている人は、6人のうち2人。配偶者の協力もあって、祝日勤務絶対NGではありません。

これまでは、何が何でも祝日は空けなくちゃ、と気を引き締めていましたが、今後は少し緩めても大丈夫そう。かなり気が楽になりました。

とは言え、休日勤務の気楽さはあって、何より電話が静か!これは助かります。
平日は、利用者さんに加えて連携している支援者や、その事業者、医療機関などからの電話が多いんですよ。
これももちろん大事な仕事なのですが、その分時間がかかり、デスクワークが進みません。

総合すると、結局祝日勤務をしちゃうかな。これはこれで、悪くない勤務なんです。


2018年2月11日(日/建国記念日)

公正世界信念

今日の東京新聞『本音のコラム』は公正世界信念という心理学領域の言葉を取り上げました。

私たちには、安心して生活するために、この世界が公正であると信じたい、という心理があります。
この信念を貫くために、私たちは、何か悪いことが起きた時、<犯人>を特定したくなります。今起きている悪い事態は、<犯人>のせいであり、<犯人>さえいなければ、わるいことは起きないのだ、と。

臨床で働いていると、こうした実例はたくさんあります。...
それが冒頭で書いた、「患者さんは病状が悪くなると、なぜそれを医療者のせいにするのか」という問いでした。
例えば.....

以前働いていた病棟で、食道がんが大動脈に浸潤し、皮膚の転移部からじわじわと出血していた男性患者がいました。
彼は病状をよく理解していましたが、増えていく出血に対する不安が増強。ある日ガーゼ交換で終結が多いと感じた時、処置にあたっていた看護師を罵倒し始めました。
「おまえがへたくそだから、出血したのだ」と。それは事実ではありません。時期が来たのです。いよいよ。本当は。
けれども彼は決してその状況を認めず、看護師を責め続け、決して許しませんでした。

私から見れば、責められている看護師は災難に遭ったようなものです。けれども、これが病棟の看護師全体の総意かと言えば、決してそうではありません。
中には、その看護師の欠点を探し、「彼女は彼女で問題があるのよね」と言う看護師もいたのです。
私から見ると、ここに見えるのは、看護師の公正世界信念にほかなりません。私たちは私たちで、理由もなく患者さんから責められる状況は怖いんですよ。
だから、「責められるのは良くない看護師=きちんと関わっていれば責められない」と信じたい。
こうして、患者さんから責められた看護師は、仲間からも責められてしまう場合があるのです。

看護師は、誰よりも「誰が悪くなくても悲しいことが起こる」と知っているはずなのに。そのくらい、公正世界信念は、時に強固。これを自覚しはまらないようにできれば、私たちは今よりも人を責めずに生きられるのではないでしょうか。

そんな自覚と願いを込めて、書きました。


2018年2月11日(日、建国記念日)

2月のオフは今日が最後?

今日は夫婦でのんびり。多分今月はこれが最後の完全オフです。
私の平日の休みは論文。日曜は私が論文、夫が確定申告の準備。そんな休日になりそうです。
今年も私の確定申告は、夫任せ。本当に助かります。


2018年2月10日(土)

20年ぶりの再会

今日は川越へ出講。埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校同窓会の30周年記念講演会にお招きいただきました。
終了後、声をかけてくださった参加者の中に、20年前にも話を聞いたとおっしゃる方がいました。 私も、埼玉医科大学病院には、うかがった記憶があります。
何が忘れられないと言って、八高線の記憶。毛呂駅から八高線に初めて乗ったのですが、乗った車両がなんとディーゼルだったんですよ。
あの速度を上げる時のうなり。今も忘れられません。

家に帰り、Outlookを調べたら、1998年11月5日(木)、埼玉医科大学病院の研修にうかがった記録がありました。
多分この時、学生さんも参加なさっていたのではなかったかな......。

20年前学生だった人が看護師として働き続けている。そう思うと、とてもうれしく、自分もやはり続けなくちゃと思いました。


2018年2月9日(金)

「戦闘も終盤」

週に1回訪問看護でうかがうある男性は、「家のまわりで自衛隊1万人が戦闘をしている」と確信し、自室に引きこもっています。
今日はワタシが彼の訪問を担当。出だしはこんな感じでした。

ワタシ「調子どうですか」
男性「戦闘も終盤」
ワタシ「先が見えてきましたか」
男性「まだどっちに転ぶかわからない」
ワタシ「眠れていますか」
男性「夜の戦闘は減ってきたからね」
ワタシ「眠れているならよかったです。このところ、買い物は行けていますか」
男性「自衛隊がうるさくて、外に出るのが大変だよ」
ワタシ「じゃあ、なくて困っているモノは?」
男性「ないよ。夜の内にコンビニに行ったから」
ワタシ「それはよかった」

この日の彼は割とフレンドリー。しばらく食事について、彼独特の考え方を語ってくれました。食べ合わせや食べる時間などについて、彼はとても細かいのです。

しばらく話した後、彼は「血圧測ってよ」と腕を出しました。これはそろそろ終わりにしたい、のサイン。およそ30分の訪問看護は、血圧測定で終わります。

男性「帰りは気をつけて。奴らはいつ出てくるかわかんないから」
ワタシ「ありがとう。また来ますね」
男性「伏せて帰った方がいいよ。玉が飛んでくるから」
ワタシ「気をつけて帰ります」

こうして今日の訪問は終わりました。
ワタシは彼の妄想に対して、否定も肯定もしない、ふんわりとしたやりとりを心がけています。
妄想があることは仕方がありません。それはもう、今に始まったことではないのですから。とにかく、彼が困らないで生活できればよし。
そんなスタンスで関わっています。

帰路自転車をこぎながら、彼の行きづらさを改めて思いました。家の外で常に戦闘。それって、本当に大変なことですよね。
薬を調整すればもう少し良くなるのだろうか。
けれども、薬にもこだわりが強い彼は、薬を変えるのも至難の業。
とにかく「戦闘も終盤」の言葉にのぞみを繋ぐしかないのかなあ。


2018年2月8日(木)

差別的な学術論文を巡る経緯ご報告

先週から、英文誌に発表された公衆衛生領域の学術論文を巡り、Facebook上でさまざまな議論が交わされてきました。この経過が非常に興味深く、かつ私自身が書き込んだコメントにも、割と満足しています。知恵を絞って書いただけに、そこそこの出来。これも是非ご紹介したいと思いました。

そこで、以下にその経過の一部をまずご報告いたしますが、 その際、個人名、大学名など、個人を特定できる情報は、匿名とします。
理由は、すでに論文を執筆した筆頭研究者のA氏(男性)が、私たちの指摘を認めていらっしゃるからです。 よって、私にさらなる糾弾の意図はありません。
ただ、ケーススタディとしてはお伝えする意味があると考え、ご報告する次第です。

きっかけは、2月3日、私のFacebook友達がシェアした看護学研究者B氏(女性)の投稿を、私が見たことでした。
その書き出しは以下の通りです。

看護師のコスチュームを着た女性がパチンコ店で健診を勧奨したら良い結果が出たという論文がある。看護師役の説明にyoung women wearing mildly erotic nurse costumesなどと記述しており、どうしてこのような論文が公衆衛生の国際誌にアクセプトされるのか悲しく思う。

これを読んだ私は、ひどく腹が立ち、この問題提起した研究者の方とFacebookでつながり、賛意を伝えました。
その後私は、自分のFacebookにも投稿。B氏の投稿をシェアしました。

ちょうど今論文に注力している時期。論文執筆は査読者との格闘でもあります。しかし、一流の公衆衛生の学術学会誌にこんな論文が通ってしまうとは… それも××大学から出た論文。科研費使って、こんなチンピラ論文(失礼な表現ですが、俗っぽい偏見が垣間見え、このような物言いをしたくなります)ができあがなんて、残念でなりません。
救いは、看護を中心に、研究者からの異議申し立てが広がっていること。看護の世界も、遅ればせながら、フェミニズムが根差しつつあるのかもしれません。

シェアするに際してにつけた言葉は、まさに査読者と格闘する自分の感情が込められています。しかしそれ以上に、この問題は看過できない、と思ったのも確か。スイッチが入り、苦手の英語論文も、一生懸命読みました。

その後B氏の投稿には、賛意を示す多くのコメントと、少数ながら、A氏を擁護する関係の方々のコメントが寄せられました。B氏だけでなく、A氏もそれらに応じ、議論が進む中で、私自身もいろいろと考えを深めることが出来ました。

考えに考え、コメントを寄せたのがようやく昨日。2月7日でした。
すでに看護師の立場からの反論も多数寄せられていて、私は敢えてフェミニストの立場から反論を書きました。
以下がこの問題について私が伝えたいことのほぼすべてです。

宮子あずさと申します。約三十年臨床で看護師をしながら、雑文を書いてきました。今回の論文とそれを巡るやりとりを拝見し、私が考えたことを申し述べます。
まず私は、かなり生粋のフェミニストです。フェミニストと言ってもそれぞれイメージがあると思いますが、ここで言うフェミニストとは、「性による差別を認めず、多様性の下に平等を求める立場」といった、緩い理解でけっこうです。
また私は、言わば日曜研究者です。イメージとしては日曜大工で、大学などの研究機関に根を張らず、臨床で働きながら、個人の立場で、時間を作って研究をしています。
ここまでであげた臨床看護師、著述業、研究者、フェミニストという立場のうち、今回の論文とそれを巡るやりとりに一番反応しているのは、フェミニストとしての宮子あずさであります。
わざわざこんな前置きをするのは、ひとりの人間であっても、どの立場からアプローチするかによって、言説が変わるくらい、私にとってこの問題は複雑だからです。

私がBさん(ここではフェミニストの流儀に則り、「平場の議論」を強調するため、敢えて皆さんをさん付けします。ご容赦ください)の投稿でこの論文を知った時、Bさんの怒りに強く共感しました。
私が看護師になった昭和の終わりは、今よりはるかに看護師のイメージは偏見に満ちていたと思います。少なくとも二十歳のフェミニストがこの道を志した時、かなりの違和感がありました。
このイメージは、簡単に言えば、天使と堕天使。白衣を着た女性看護師に対する性的なイメージというのは、奉仕と結びつく「白衣の天使」と裏表であり、いずれも、強く看護師にまとわりついていると感じました。
以後の私は、看護師として働きながら、書きながら、このイメージを変えたいと強く強く意思し、時に意図的に自分を見せながら、働いてきました。こんな所で種明かしをするのもお恥ずかしいのですが、女性看護師にまとわりつく性と聖のイメージを取り去りたいというのは、私の強い願いでした。そして、今回の多くの方のコメントに、期せずして多くの同士を発見し、大変心強く感じております。

そのような人生を生きてきたものからすると、白衣の女性看護師の性的なイメージを活用する今回の研究は、とても悲しく、残念なものでした。
反論を拝見すれば、公衆衛生の見地から、健康志向が弱い特定の階層の人健診への意欲を高めるための工夫として、やむを得ずこの方法をとったのであり、差別の意図はなかった、ということのようですね。
これについては、2点申し述べたいことがあります。
まず、健康志向が弱い特定の階層の人を健診への意欲を持たせる、という目的については異存はありませんが、今回の方法が、差別的という批判を受けることを想定し、それ以外の方法がないと言うことを、徹底的に吟味なさったのか。これが1点です。
そして2点目は、差別的かどうかは、意図があったかどうかではなく、結果で問われるということ。よほどのヘイト野郎でない限り、差別というのは、意図せず発生します。
ですから、差別されたと感じたものが上げた声に対しては、「そんなつもりではなかった」とその声に異議を唱えるのではなく、そのようにとられた現実から出発するのが妥当ではないでしょうか。
私も、差別の指摘も含め、何らかのリスクを冒してでも、やらねばならない研究があり得ることは否定しません。ただその場合でも、リスクがあることは検討されるべきでしょう。今回の研究が、性差別的とみられることを意識し、その上で、「いや、たとえ性差別と糾弾されても、この方法をとるしかないのだ」と覚悟して臨んだ経過が実在し、記述されていれば、私の感じ方は、全く違うと思うのです。

看護師のイメージも、性差別も、人生を賭けて闘う者がいる、重大な事象です。それを敢えて踏み越えるならば、脳みそから血が出るくらい、そのことを検討して欲しい。それが、私の強い願いであります。

こうして書いている私自身も、差別とは無縁ではありません。例えば、私は今、「女性看護師」と書いていますが、生まれた性に違和感を感じている人は、この言葉にどう感じるだろうか、と心配になります。でもここは、そのリスクを冒してでも、書きたかったことを書きました。
また、差別というのはその人の意識を問うものですから、人格批判を避けようと気をつけても、結果として、相手が批判されたように受けとめられることはあります。また、差別されたと感じると、感情が揺さぶられますから、感情的な発言になりやすいところもあります。今回のやりとりでも、そうした難しさを感じました。私の文章も、そのリスクがあると思います。
そんな言い訳も書き出すとキリがありません。取りあえずここまでで投稿いたします。

この議論が、看護にフェミニズムの視点が根付く一助となりますように。願って結語とします。

なぜこのような研究が×大学の倫理審査を通ったのか?そして学術学会誌の査読をアクセプトされて掲載されたのか?検討されるべき課題は残っています。
とは言え、部外者の自分として、良心に従い、なすべきことはなした。そんな気持ちになっております。


2018年2月5日(月)

朝から研究に勤しみつつ...

今日は在宅ワークの一日。朝から2月いっぱい必達の投稿論文をがんばっています。
でも、Facebookを見たり、書き込んだり、ついつい、横道に逸れるのも事実。それも含めて、割といい感じに過ごしております。

14時頃遅昼を食べたのですが、スマホでネットのニュース見ていたら、こんな記事見つけました。

産経とは思えない、子なしにやさしい記事。ちょっといい気分で、またひとがんばりします。

ネットニュースでも話題になった「子どものいない人生」どう生きていく?

産経ニュース 2018.2.3 09:00

少子高齢社会で何かと肩身の狭い「子ナシ」層。「かわいそうな人」「出生率に貢献していない」といった“負”のイメージから、表だって存在が語られることは少なかった。だが一昨年、女優、山口智子さん(53)が「産まない理由」を公表したあたりから、子ナシ人生を前向きに考えようとの議論が活発化している。多様性社会の大きな塊として、購買力に注目する業界もある。(重松明子)

 昨年末。トレンドウォッチャー、くどうみやこさん(50)の「『子どものいない人生』どう生きていく?」という問題提起が話題を呼んだ。

 ウェブのダ・ヴィンチニュースと東洋経済オンラインに掲載された記事が、それぞれ配信日のアクセスランキング1位を獲得。転載先のヤフーニュースでは1800件を超すコメントが寄せられた。

 「さまざまな立場の方から共感や賛否が寄せられ、子ナシの話題への反響の大きさに驚いた。ママの大変さは理解されても子ナシの主張はたたかれると感じていたが、山口さんの告白(平成28年『FRaU』3月号)で潮目が変わってきたと思う」とくどうさん。

 同時期に出版した『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』(主婦の友社)も即重版となった。

 くどうさん自身は31歳で結婚。仕事優先で“妊活”を先送りしているうちに40代に突入。間もなくがんが発覚して子宮を摘出し、子ナシ人生が確定した。「早く産んでおけばよかった」

 無知を後悔し、気持ちに整理を付けた5、6年前から、同じ立場の女性に向けて発信を始めた。「悩んでも現実は変わらないけれど、発想を変えればメリットもある。自分のために時間やお金を使え、余っている母性で社会貢献もできる。子ナシでもすてきに生きているという実例を伝えたい」

 同書では30~60代女性13人に取材した。子ナシの事情はさまざまで、「不妊治療を断念した」「ほしいと思えなかった」「うっかり期限切れ」「そもそも独身」。それぞれの仕事や趣味、ボランティアなどの生きがいや、子ナシゆえの生きづらさが語られている。また、わが子を産んでいないからこそ「母性を公平に使える脳が成熟する」といった脳研究者、黒川伊保子氏の見解も示した。

 2月17日には東京都文京区の主婦の友社で「子供がいない女性のつながるカレッジ」を開くくどうさんは、国の人口動態推計をもとに「女性の3人に1人が子ナシの時代も近い」と分析。「トレンドを牽引(けんいん)する大きな塊になることは間違いない」と指摘した。

 バブル時代に急増した子ナシ共働きのライフスタイル「DINKS」は、住宅業界では今も有望顧客だ。

 東京を中心に年間約200戸のリノベーションマンションを販売するコスモスイニシアは「億ションを検討されるのは、まず40~50代DINKSです」(レジデンシャル本部流通事業部)と購買力の高さを証言する。富裕層だけでなく、都心や駅近物件を求める夫婦のみ2人世帯からリノベマンションは注目され、築20~25年の60平方メートル台の3LDKを2LDKに改装する事例が多いそうだ。

 アートな空間デザインで注目される東京都杉並区のリノベーション会社、夏水組(なつみくみ)も「DINKSは独自の暮らしを求めて、立地やデザイン性にこだわり、予算にゆとりのある方が目立ちます」と話す。

 フジテレビ系で放送中の深田恭子主演のドラマ「隣の家族は青く見える」(木曜夜10時~)は妊活中の夫婦を中心に、「女は子供を産んでこそ一人前」vs「ほしくない。義務ではない」と主張する妻同士のバトルや、ゲイカップルの苦悩などが描かれ、子供を持つことに対する今どきの価値観と選択肢の多様性を示している。

 昨年発行されて、14刷以上を重ねる『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP)をパラパラと読んでいたら、「子供を作らなかった人の末路」の結論として「『子供がいない幸せ』を楽しめばよし」と書いてあった。

 筆者も当事者の1人として子ナシへの理解と寛容の広がりはありがたい。でも、その風潮が少子化を助長させるなんてことは…。肩身は少々狭くてもよし!?


2018年2月4日(日)

立春。展示替え

昨日は節分。訪問看護のバイトの後、吉祥寺の街をぶらぶら。夕食後、作りおきの料理をしたりするうち、23時を回ってしまいました。
「豆まき忘れていた!」と慌てて豆まき。残った豆を54個ずつ食べたのですが、かなりの量で....きつかったです(笑)。
数もかつかつだったから、もう少し大きな袋買わないと、まく分がなくなりそう。年をとると、お金がかかるようになりますねえ。

そして今日は、立春。いつも遅れてしまうおひな様の準備を、今回は立春の日に済ませました。

右の写真は、ダイニングの棚の上に飾った小さな立ち雛。確か30代の頃に吉祥寺の菊屋という瀬戸物屋さんで買ったものじゃないかな。
その後、ほかに大きなお雛様を買ってからも、懐かしくて、これも飾っています。

そして、 下の写真はエサシトモコ先生の作品。猫のお雛様です。
向かって左は常設の「デパガになりたかった」。右は「通天閣」です。
昔夫が大好きだったNHK朝のテレビ小説「ふたりっこ」に出てくるオーロラ輝子にそっくり。女性の将棋指しの物語だったのですが、今の囲碁将棋の人気を考えると、今放映したら話題になるんじゃないかな。

お雛様より脇士の方が大きく濃い、今回の展示でした(笑)。


2018年2月2日(金)

今日も雪

先週に続き、今日も雪が降りました。けれども、少し気温が高かったためか、積雪はうっすら。それでも、降りがひどい朝方は、前回の残雪と相まって路面がシャーベット状になっています。
そのため、自転車での走行は、場所によっては難しく、何軒かうかがえないお宅も出てしまいました。

今日は午後地元のラジオ局の仕事があったため、午前中で勤務はおしまいです。帰る頃には雪が上がっていましたが、それにしても寒かったですね。

で、突然ですが、下の写真は、2年前のぐぅ吉。彼女の写真の中で最も極悪な顔をして写真と言えるでしょう。
ずっと探していたのですが、やっとファイルが見つかりました。
というわけで、最大サイズにして、お届けします(笑)。


2018年2月1日(木)

投稿した論文が受理された!

今日は1日在宅ワーク。明日休みの予定だったところ、同僚と代わったので、その分今日が休みになりました。
昨日東京女子医科大学看護学会誌に最終的な投稿を行った論文が、やっと受理されました。通知をもらって、本当に大喜び。でも反省もたくさんあります。
論文の内容についての指摘はあって当然なのですが、図表の番号を間違えるなどのうっかりミスが、あまりにも多かった......。これは今後、なんとか減らしていかないと。これは反省しきりです。

ともあれ、終わって本当によかった。ほっと一息つきました。
が....すでにおかわりが待ています(笑)。次の論文にかからねば。