2019年10月14日(月・体育の日)

電子カルテ

2019年10月14日(月。体育の日)東京新聞「本音のコラム」は、電子カルテについて書きました。

電子カルテが導入されて2週間。操作に慣れない点はありますが、おおむね好評です。いろいろ言われていた電子カルテの問題をふまえ、改善されているように感じます。
そして、やはり医師や他部門の記録が一覧できるメリットは大きいですね。
前回の外来受診の状況や、デイケアの参加状況などをふまえて訪問できるのが、大きなメリットです。
10年前、前の病院で導入に向けたワーキンググループでリーダーをしました。使用している紙ベースの帳票類を集め、なるべく統一していくという作業が大変だったことが思い出されます。
結局私はとば口のところで退職したので、後の苦労はわかりません。さらに今回は、電子カルテにむけての委員会活動には関わらなかったので、実際にどれだけ大変だったかはわからないのですが。
けれども、準備段階の期間や、漏れ聞こえてくる話を聞いても、非常にスムーズに準備が進んだ印象があります。
もちろん、総合病院と精神科単科の病院という、人的な規模の違いはあるでしょう。でもやはり、この10年の蓄積。これは大きいと思うのですよね。
やはり、後から導入する方が、絶対楽。先鞭をつけた人たちの苦労を思いつつ、活用していこうと思います。

甘えん坊のもふこ

昨日帰ってきた時はクールだったもふこですが、夜一緒に寝ていると、ものすごく甘えてかわいかったです。

この目で見られると、ほんとうにず~~っと撫でていたくなります。


2019年10月13日(日)

無事帰宅しました

台風19号は昨日の夜熱海に上陸。今朝にかけて東京を通過し、東北に抜けていきました。爆発的な降雨量で河川が増水。長野県の千曲川で堤防が決壊し、大水害になっています。
そんなことに比べると、本当に小さなことに思えるのですが、今日も羽田への飛行機の多くが欠航。私は乗るはずだった飛行機は、昨日の内に欠航が決まり、陸路での帰宅を決めました。

そんなわけで、8時10分博多発東京行きののぞみに乗車。延着を覚悟していたのですが、何もなかったように定刻に到着。中央線も問題なく動いていて、14時過ぎには無事帰宅できたのです。
本当にラッキーでした。

チケットの確保をしてくださった研修担当の方に、深く感謝。改めて、被害に遭われた方に、心からお見舞い申し上げます。


2019年10月11日(金)

もふこ、行ってくるよ

今日は午前中訪問看護のバイトをした後、荷物を取りに一度帰宅。再度家を出て、17時羽田発福岡行きの飛行機に乗りました。

帰宅して、乾いた洗濯物を片付けていると、もふこがベッドの上で鳴いて私を呼びます。
急いで片付け、近づくといったんベッドの下にもぐり、鳴きながら出てきました。

それが右の写真です。この目で見られると弱いんですよね。
でも、行かなくちゃ。明後日また会えるから。行ってきます!


2019年10月10日(木)

台風19号

この週末、非常に威力の強い台風19号が関東に接近する見込みです。今週初めから、この台風に翻弄され続けています。
日帰り予定だった土曜日の出向先は福岡。当日移動が難しいため前泊となった上に、帰宅も1日延びて日曜日の予定になってしまいました。
進路は東にずれ、福岡の影響が小さそうなのは不幸中の幸い。開催そのものはできそうなので、無駄足になる可能性はほぼなさそうです。

今の時点では、関東最接近は土曜日の日中の見込み。多分日曜日は帰れると思うのですが、風が残る可能性もあり、不安は残ります。
でもまあ、なんとかなるでしょう。 そう思って、今荷造りしています。
明日は日勤の予定を、午前中で帰らせてもらうことに。職場の協力に、感謝しきりです。

珍しく2泊3日家を明けますが、これも皮下補液を欠かせないぐう吉がいたらできない相談。そう思うと、改めてさみしくなりますね。本当に、かわいい猫でした。

一方、もふこは朝私が洗濯物を干していると、「撫でて、撫でて」とばかりにベッドに出てくるようになりました。
そして、撫でる時間が短いと、ものすご~く不機嫌になるんですよ。
どうですか、この顔。もう、魔除けになりそう..........。かわいいヤツなんですけどね(笑)。

もふこと2日も会えないなんて、とってもさみしいです。でも私がいない間に、ツレにもっと慣れてくれるかな。それなら、家を明ける甲斐もあると言うものです。


2019年10月7日(月)

生育限界

2019年10月7日(月)東京新聞「本音のコラム」は、新生児医療の発達により見直される可能性がある、生育限界について書きました。

生育限界とは、未熟児で生まれた子どもが生存できる限界をさします。すでに28週から22週まで段階的に早められており、その根拠は、「3年間にわたって全国のデータを日本小児科学会の新生児委員会で集めて分析した成果」だそうです。
<【interview】助産の現場に必要な生命倫理の考え方とは 『助産雑誌』誌70巻6号より 仁志田 博司氏に聞く>

この生育限界が、さらに引き下げられる必要があるかどうかが議論になっている。これが、今回取り上げたNHKのニュースの報道でした。
<NHK今朝のクローズアップ 2019年10月2日(水)
変わる? 赤ちゃん“命の線引き”>

そして結論は、「生育限界を繰り上げるにあたり、サポート体制が必要」と言う識者の声でまとめる。これは、何気なく聞いていたら、当たり前のことを言っているように聞こえます。

私がこのまとめにひどく引っかかったのは、やはり、やまゆり園の事件があったからです。障がい者は不幸しか生み出さないと決めつけた元介護職員の男性が引き起こした重度障がい者の大量殺傷事件。これに対して、人間の平等や、生きる権利の見地から批判する声以上に、「社会保障費にも限界があるのだから、やむを得ない」とする声も多く聞こえてきます。

ましてや生育限界は、命の線引きそのものに関わる問題です。「サポート体制がない」ことを理由に生かさないことがありなら、現状で、誰がサポート体制を作るのでしょう。
医療者はさまざまな現実を知っているから、理想ばかりを言えないのかも知れません。この気持ちは、私もわかります。
しかし、優生思想の広まり、弱者たたきの風潮は、医師や看護師の想像を超えています。
ここをきちんとわきまえて発言をしないと、本意でない差別や人権蹂躙に荷担させられてしまいます。

私自身も心しなければと改めて思いました。


2019年10月6日(日)

両親の墓参

金曜日から日曜まで、何かとイベントがあり、ばたばたしていました。
昨日は所属する東京女子医科大学看護学会の第15回学術集会。前回に引き続き、今回もツレを同伴して撮影班を勤めました。
理事として勤めた広報委員長の役割も、今年度でお役御免。リニューアルしたサイトの更新方法の引き継ぎその他、ヤマはこれからという感じですが.......。あと一息、がんばります!

そして今日は、8月23日に亡くなった母の伴侶・みっちゃんのお母さまの四十九日。菩提寺の毘沙門天善国寺でお経を上げていただいた後、池上本門寺にある善国寺の永代供養塔へ行きました。
塔には、私の両親も眠っており、<ついで>の墓参となりました。
本当はお彼岸に来ようと思っていたのが、なかなかこれず....と、あの世に向けて言い訳する親不孝娘。7月にぐう吉なあちらに行き、もふこを迎えたことを報告しました。

もふこは、クローゼット奥にいることも多いのですが、こうして出てきた時は、リラックスしている姿も増えました。食事量も安定していて、ひと安心。いい感じです。
特に猫好きだった輝子さん、見守ってやってくださいね。


2019年10月3日(木)

電子カルテに早くも慣れてきました

1日から導入された電子カルテ。昨日は出講のため休みを取り、今日が2日目です。
導入までは、訪問看護室一同、予期不安バリバリ。私もいざとなると不安が募っていたのですが、杞憂でした。
10年前前の職場で導入準備をした時に比べると、使い勝手もよく、業者の説明やフォロー体制も洗練されています。

ただ、ベテラン医師が人任せなのは、所変わって、10年経っても同じなんですよね。
導入時、医師が書くべき指示表など、最初の仕込みを看護師等が代行記入し、医師が承認する形をとりました。これはあくまでも初期段階のやむを得ぬ代行にすぎません。
ところが、いざ本格的に稼働しても、そのやり方でやってもらえると思っているベテラン医師が、少なからずいたのです。
今日は、その医師への対応でかなり時間をロスしました。
業者も医師とは関わりたがらず、ほぼこちらに丸投げ。この先、このての業務が尾を引きそうです。

慣れてきたところで、 とってもつらいのは、ふにゃふにゃしたキーボード。自前の茶軸キーボードを持参したいなあ........(笑)。


2019年10月1日(火)

今日から電子カルテ

今日から職場が電子カルテになりました。9月に入り、業者の説明会も繰り返され、シミュレーションはかなりやってきたと思います。それでもいざ始めて見ると、「これはどうするんだ」「これではうまくない」。担当者のピッチを鳴らしては、嫌な顔ひとつせず対応してくれる業者には脱帽です。
おかげさまで、意外にすんなりいき、今日も定時上がりでした。

18時前に帰宅し、寝室に行くと、ベッドにもふこの姿なし。枕の辺りがへこんでいたので、触ってみたら、ぬくもりが残っていました。
呼んだらベッドの下から飛び出してきて、撫でて欲しいと大騒ぎ。本当にかわいくて、1時間くらい一緒に過ごしてしまいました。