2018年7月16日(月、海の日)

高齢者医療と延命処置

今日の東京新聞「本音のコラム」は旧大口病院の連続不審死事件にについて取り上げました。

2年前のこの事件は先週31歳の女性看護師が逮捕され、再び報道が続いています。推定無罪の原則に照らせば、私が彼女を有罪と断じることはできません。実際に、さまざまな冤罪事件があることを思えば、この原則は何より守らなければならないと感じています。
その見地からすれば、この事件については書かない方が良い。その判断に私が大きく傾いていました。
しかしやはり書こうと決めたのは、報じられている事件の現場が高齢者を対象とした療養型病棟であり、一部にこの事件を切り口として、高齢者の延命治療を論じる動きがあることです。
これはまだごく一部のネットでの議論に過ぎません。しかし、極端な行動が極論を生み、口汚い言葉が飛び交う事態になる萌芽はあると感じました。
高齢者の延命治療についての議論は、繊細な感覚を持って行われなければなりません。

このような懸念から、私はこの事件を取り上げました。
私が焦点をあてたいのは、報じられたこの事件への反応です。私は敢えて、起きたとされる犯罪に対して、共感を拒絶する態度を選びます。
皆さんはどうお考えになるでしょうか。


2018年7月15日(日)

猫を見に行く

昨日は日勤、今日は休み。今日は生家に行き、新しい飼い主さんの決まった猫たちを見てきました。これが子猫たちです。

奥から、 そらちゃん(白黒)、 れおちゃん(白黒)、 はなちゃん(三毛)。みんな4月初めの生まれです。

そして母猫もまだ1歳。猫をかわいがっている近所の若い人は「ヤンママ」などと言って笑っていますが......。
小さい身体で3匹の子猫を引き連れてきたのですから、なかなかのしっかり者です。
新しい名前はみやびちゃん。なんか優雅でしっかり者。ぴったりな名前です。


2018年7月13日(金)

ご報告

本日、子猫3匹と母猫の引取先が全て決まりました。子猫を1匹もらうと言ってくださった人が「やはりもう一匹」「母猫も一緒に」と。
お2人ともFacebookでのつながりなのですが、本当に温かい方たちです。
今後、日程を合わせ、お届けする予定です。

以下は昨日作ってFacebookに投稿したポスター。みっちゃん、近所のご家族、猫捕獲名人の方......。みんながんばりました。


2018年7月10日(火)

実家の子猫騒動

この数日、本当にいろいろなことが起きています。西日本の豪雨災害、オウム真理教事件の死刑囚7人の死刑執行、そして大口病院で起きた患者殺害容疑での元看護師逮捕。これらについて、いろいろ考えているのですが、なかなかまとまりません。

そんな社会の動向とははずれたところで、身辺、大事件が起きました。以下、Facebookの投稿です。

7月に入り、亡き母が暮らしていた家に三匹の子猫が現れました。家には母の伴侶だったみっちゃんこと佐藤充さんが、とても人相の悪い17歳のメス猫おコゲと暮らしています。

猫好きだった母がいた頃から、家の周辺には代替わりしながら、何匹か猫が住み着いていました。昔は母、今はみっちゃんがごはんを上げています。
不妊手術が住んでいない猫もいて、そろそろ.....と考えていた矢先の出来事でした。

かくなる上はきちんと対処するしかありません。とりあえず母猫と父猫(見込み)は捕獲。手術をしてまた元のところにリリースする予定です。

一方、子猫3匹は、できればどなたかの家で暮らせるようにしてあげたいと考えています。

子猫は元気でかわいいです。
恐らく4月生まれで、3ヶ月は越えていそうです。ごはんを食べる時は人間の近くにも来るので、人慣れしている印象です。
もう普通のフードが食べられるので、始終そばについていなくても大丈夫な時機です。

今後獣医さんに相談し、可能なら不妊手術も行った上で、お渡しできればと思っています。本日捕獲したばかりで、性別は不明。ただし、三毛猫はメスで間違いないと思います。

関心のある方、是非ご連絡ください。基本的に、こちらから責任もってお届けいたします。

すでに父親(見込み)のアカは不妊手術を終え、庭にリリース。姿を隠しています。入れ替わりに母猫も獣医さんで手術待ち。子猫3匹が今日か明日獣医さんに行く予定になっています。

昨日の時点で三毛猫のもらい手が付きました。性別は、白が多い子が女の子、黒の多い子が男の子です。母猫も若そうなので、できればもらい手を探したいと思うのですが.....。
ともかく子猫2匹のもらい手を熱烈募集中。もし、サイトをご覧の方でご希望の方がいらっしゃったら、ぜひぜひメールをください。詳細をお知らせいたします。
手術、検査代はこちら持ち、受け渡しまでの費用は一切かかりません。地方への移送も可能です。どうぞご検討くださいませ。

miyako@peace.zaq.jp

 


2018年7月8日(日)

週末

土曜日は日勤。そして今日は1日オフ。午前中は朝寝をし、何かと雑用を済ませたら、あっという間に1日が終わってしまいました。
どうにか疲れは少し取れたかな。

明日からは早起き続き。月曜は人間総合科学大学の授業で朝から岩槻へ参ります。そして火曜日は、早朝6時前からの講演会。近場なのが幸いで、会場まで徒歩10分です。

合間を縫って、論文も。ともあれ、またしてもけっこうがんばる一週間になりそうです。

どんな忙しい日々でも、のんびりしているのはぐぅ吉。浴室に干している洗濯物を取り込んでいたら、風呂ふたの上にごろん。時~~~~っと顔を見てくれると、ほんとに疲れが飛んでいきますね。


2018年7月6日(金)

冤罪事件

昨日は1日論文に取り組み、ものすごく充実した1日でした。
今日は訪問看護のバイト。西の方は大雨で、さまざまな被害が出ています。東京は1日振りましたが、大事にはなっていません。

今日は元衆議院議員・山崎摩耶さんがFacebookで、看護界を揺るがした冤罪事件を改めて紹介なさっていました。昨日テレビ番組で取り上げられたそうです。

おはようございます。7月6日、金曜日。雨の朝です。昨夜の[アンビリーバボー]、患者の爪はがしの冤罪事件をやってました。病棟の高齢者の爪のケアを虐待か?と告発され、逮捕。過酷な取り調べで精神的に追い詰められた看護師。虐待かケアか?1審ではなぜか有罪。しかし控訴審で無罪を勝ち取った3年数か月の闘い。彼女が精神的に追い詰めら...れて、警察や検察のいうがままだったら、冤罪のままだったかと思うと背筋が寒くなりましたね。隠蔽、改竄、嘘ばかりがニュースを賑わす昨今、真実を貫いた姿に勇気をもらったような!当時は看護協会もケアであると声明をだしたりと、看護界でも議論になったのを思い出しながら。

上田さんのお顔を見るのはこの写真が初めてです。2010年9月20日東京新聞『本音のコラム』で、私は以下のように書いています。

2010/9/20 「爪はがし」と呼んだ責任

看護師の上田里美さんが認知症の高齢者二人の爪をはがして虐待した罪に問われていた控訴審判決で、福岡高裁は無罪を言い渡した。
私はたまたま大学院の授業でこの事件にかかわった方から話を聞き、報道された内容と事実があまりに違うのに驚き、無罪を強く願っていた。だから、今日の判決は当然だし、うれしい。
事件が発覚したのは二〇〇七年の六月。上田さんが切除した爪は、分厚く盛り上がっていて、そのまま放置すればシーツなどに引っ掛かってめくれ、傷の原因にもなる。
また、健康な爪が伸びる邪魔にもなるため、これを切除するのは、看護上必要な処置だと言える。しかし不幸なことに、この必要性が周囲に理解されず、上田さんが爪を除去した事実だけが取り上げられてしまった。そして七月二日の逮捕から三ヶ月以上も拘留され、不本意な調書を取られるに至った。
実は、新聞・テレビの報道を見た当初、私も上田さんの虐待だと思った。そんな自分の浅薄さを反省する一方で、報道にも疑問を感じている。
無罪の報道で「爪除去」「爪切り」とされた処置は、当初「爪はがし」であった。明らかに虐待を印象づける表現である。
検察、警察の情報に基づく報道が、今問題になっている。早々に犯人扱いした責任は、マスコミにもあるのではないだろうか。(看護師)

冤罪は、本当に人の人生を狂わせるのですね。検察が起訴したら9割以上が有罪、と言うのも不自然。冤罪が起きやすい素地があるのではないでしょうか。
重い教訓として、多くの方に知っていただきたい事件です。


2018年7月4日(水)

論文乗ってきました♪

昨日は訪問看護のバイト。そして今日と明日は在宅ワーク。博士論文の学会誌投稿3度目のチャレンジを始めております。
連載原稿も遅れないよう取り組みながら、可能な限り研究に時間を使うと決めました。今まで2回よりも、自分でわかりながら書いているような気がする。良い兆候と思うことにします(笑)。

夜は武蔵野市と武蔵野市教育委員会が後援する講演会のお手伝い。今大人気の元文科省事務次官前川喜平さんとその上司だった寺脇研さんの講演会に参加しました。
各地どこも満員と聞いてはいたけど、本当に、すごい人気でした。武蔵野公会堂のホールは、300人で満席。2階会議室でモニターを見る100席も満席。私は会議室の受付を担当したのですが、もうてんやわんやでした。

ノー残業デーの夫も駆けつけ、2階会議室で一緒に参加。モリカケ問題の解題や、教育への提言は聞きやすく、良質なトークショーという感じでした。
政府批判だから、と広島市は後援を断ったようですが、政府批判が御法度という風潮はとても怖いですね。批判はもちろんしているけれど、その理由は理論的ですし。聞く価値がある内容でした。
きちんと後援した武蔵野市は立派。最後にご挨拶に立った松下玲子市長の勇姿を見て、しみじみ誇りに思いましたよ。
片や国政トップのありかたは........。改ざん、隠蔽、責任逃れ。
残念でなりません。


2018年7月2日(月)

高度プロフェッショナル制度

今日の東京新聞「本音のコラム」は高度プロフェッショナル制度」(高プロ)について取り上げました。

この問題点については、かねてより注目していましたし、Facebookを通じて審議過程のおかしさも具体的に知ることができました。
きちんと理詰めで尋ねていることについて、全く政府の答弁は根拠もなければ、誠意もなし。国会中継をきちんと見ると、いかにひどいもんだとわかります。
結局政府の答弁は、「悪いようにはいたしません」と言いくるめようとしているだけ。全く詐欺師の言いぐさです。

こんなお粗末な審議過程が、メディアによって、「野党も政府もどっちもどっち」みたいに見せられてしまうことに、ものすごい危機感を感じています。
「高プロ」については、世論調査でも理解が進んでいるとは言えず、自民党支持者の人の中にも、疑問を呈している人は多いはずです。残業代を払わず働かせ放題に働かせられる、極端に経営者寄りの法律。なんで働く人たちが、もっと怒らないのでしょうか。

キング牧師の名言に『最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。』という言葉があります。
最近何人かの方のFacebookでこの言葉が投稿されているのを見て、ああ、同じ危機感を持っている人がいるのだなあ、と思いました。
本当に、この言葉に強いリアリティを感じています。

.......と、ぼやきが長くなりました。そして、実際ぼやきは尽きないのですが(苦笑)、今からでも可能な問題提起を......と考えたのが、今回のコラムでした。

詐欺師な皆さんが、とりあえず「希望しなければ適応されない」的なことを言っているのだから、とにかく希望しないようにしたいものです。
一方で、「あなたはプロフェッショナル」とのおだては、けっこう効きそうな気もするのですよ。そして、「名ばかりプロフェッショナル」が多数出てしまうことがオソロシイ.....。

このように考えるのも、私自身が「名ばかり管理職」を経験し、それを外から指摘されることに、ものすごい屈辱感を感じた経験があるからなのです。
その体験を書いたのが、2013年10月掲載のコラム。これも併せて投稿しますが、ここで私は以下のように書いています。

------------------------
(前略)ある時労働法に詳しい友人に職場の状況を嘆いた。「有休は三日つければ良い方。残業代も認めてあげられず、ただ働きさせるのがつらい」。すると友人は私にも、残業代は請求しているかと聞いた。
「管理職だから、つけられない」。そう答えると、友人は言った。「出退勤時間も管理され、重要な組織の決定にも関わっていなくて、給料だって部下より破格に良くもないんでしょう?だったら、労基法の管理監督者じゃない。宮子さんだって、残業代を病院に請求しないとね」。私は、名ばかり管理職だったのだ。
あの瞬間の虚脱感とばつの悪さは忘れられない。「あんたは自分を看守だと思っているけど、所詮牢名主だよ」と言われた感じ。少なくとも、「そうか、自分も請求しよう!」と勢い込む気には全くなれなかった。
多くの名ばかり管理職が不当な待遇に声を上げない理由は、こうした理屈を越えた心情もあるのではないだろうか。
------------------------

自らではどうにもならない不本意な状況にあるにもかかわらず、やはり自分には権限があるのだと信じ(ようとし)ていた自分を思うと、涙が出そうになります。
「自分ならでは」の何かがこの手にあると信じていきたい心根。ここに人間の自負や善なるものも宿ると信じればこそ、そこにつけ込む人間たちが、私は許せないのです。


2018年7月1日(日)

今日から7月

今日は夫婦で休み。最近行きつけの三鷹駅北口にあるラーメン屋「味噌壱」まで20分ほど歩き、遅めの昼食をとりました。
ぎらぎらの暑さの中歩いたので、しょっぱいラーメンのおいしかったこと!大満足でした。

30代の頃までは週に2日、3日と食べていたラーメンですが、40代に入るとめっきり頻度が落ちました。
特に2009年3月で前の職場を辞めてから、外食中心生活とはお別れ。今では食事は家で作るのが基本になっています。
本当に生活が変わって、健康的になりました。それは確か。絶対健康寿命は延びたんじゃないかなあ。

そんな、ラーメン三昧だった頃に写真が、これです。1997年秋、東京厚生年金病院勤続10年の記念にとってもらいました。
まだナースキャップがある時代。私は34歳でした。若いな~。
確かこの翌年、白衣がリニューアルされて、キャップも廃止。改めて月日の早さ、時代の変化を感じます。

55歳の今年も、がんばるぞ~。