2019年12月6日(金)

在宅ワークがんばった!

今日は1日在宅ワーク。たまった仕事をあれこれ片付け、充実した1日でした。もふこは今日も何回か1階に降りてきてくれました。床暖房にも気づいたようで、香箱したり。ずいぶん落ち着いてきた印象です。
そして、夢中でパソコンを打っていたら、なんと!本棚の前に寝転んでいたんですよ。
あまりにモフモフすぎて、一瞬なんだろうと思ってしまいました。ごめんね、もふこ。


2019年12月5日(木)

キッチンのもふこ

火曜日から今日まで3日間訪問看護のバイトでした。この時期としてはまあまあ気温が高く、お天気もよく、とても恵まれた3日間。在宅ワークだった月曜は降ったりやんだりのお天気だったので、同僚に申し訳ない気持ちになってしまいました。

今日家に帰り、晩ごはんや作り置きのおかずなど料理をしていると、2階でもふこが鳴き始めました。いつものように、撫でて欲しいとの意思表示。今週はとにかく慌ただしいので、帰宅後の撫でが不足気味なのです。
愛に飢えたもふこの鳴きは、本当にすごくて。最近は寝室から階段の所まで出てきて、手すりから顔を出し、1階に向かって鳴いてます。 うちは、ダイニングキッチン内にストリップ階段がある作り。ダイニングから見上げると、もふこの必死な顔が見えてしまいます。

これまでは、なかなか階段を降りてこないもふこでしたが、今日は違っていました。
階段を降りて、ダイニングに来ると、カウンターキッチンの中にいる私をじ~っと凝視。
さらにしゃべるように鳴き、かまってほしいと訴えるのです。

床暖房の暖かさに惹かれてくれればと思い、床に寝かして撫でてもみました。けれども、するりと逃げて、階段の方へ。やはり、2階のベッドで撫でられたいようなんですね。
一段落ついたところで2階へ行き、撫でてあげたら落ち着きました。

1階に降りてきての直談判、これからも続くのかな。鳴き方もどんどんバリエーションが出てきて、まるでしゃべっているように聞こえることもあります。
猫って本当に賢い。これからの変化がさらに楽しみです。


2019年12月2日(月)

寒空の下で

2019年12月2日(月)東京新聞「本音のコラム」は、2018年10月から始まった生活保護の減額について書きました。今年の10月は2回目。来年の10月に最後の減額がやってきます。この減額については、全国で6000人以上の人が不服申し立てを行っています。

<これ以上の減額は無理 全国で6000人超が不服申し立て また!?昨年10月から生活保護引き下げ(MIN-IRENトピックス) >

また、2013年に生活保護費の給付水準を引き下げた問題についての集団訴訟も山場を迎えています。今日の東京新聞特報面では、私のコラムと向かい合うように、この訴訟に関する記事が並んでいました。これに関する記事が朝日新聞にありましたので、ご紹介しておきます。
途中から有料記事になりますが、無料部分だけでも、全体像が分かると思います。

<生活保護大幅下げ「認めてないのに」 怒る学者は法廷に(朝日新聞デジタル)>

私は2009年春、精神科訪問看護の仕事についてから、訪問するお宅のほとんどが生活保護受給者、という環境にいます。正直言うと、中にはもう少しがんばって、と思う人が皆無ではありません。しかし、そのがんばれなさを考えてみれば、病気や社会の受け入れなど、実は複雑な要素が絡んでおり、軽々に「努力不足」とは言えない。長く続けるほどに、そうした気持ちが強まってきました。
時流の変化もあります。ごく一部の突出した不正受給ばかりが報じられ、生活保護受給者の実態を知らない人ほど、それに取り込まれてしまうのです。さらに、自らの暮らしが苦しい人ほど、弱者たたきに走る。そんな時流を感じるほどに、私は生活保護受給者のあら探しに加担するのは、決してしてはなるまいと決意しています。

そして、改めて不思議なのは、生活保護の不正に目くじらを立てるのに、政治家の不正には無頓着。そんな傾向が感じられることです。これはひどいモラルハザード。ここをきちんと振り返り、変えていかないと、社会が良くなる目がなくなってしまうのではないでしょうか。
「弱い者をいじめないために、きちんと強い者に怒りなさい」と言った母・吉武輝子の言葉を噛みしめています。彼女は、人間の心の弱さが、弱者に刃を向けるのだと、分かっていました。
人間は、自分の無力を感じたくないものです。だから、怒りは強い者に向かわず、弱い者をはけ口にしがち。そして、強い者を変えようとせず、闘う者を冷笑し、弱い者に「努力しろ」というのです。
そのモラルハザードの中心に一国の長がいるのは、とても不幸なこと。「桜を見る会」の問題は、その象徴であり、決して小さなことではありません。だから私は、可能な限り、デモには参加し、怒りを表明します。
幸いなことに、11月28日には参加し、スピーチもさせていただきました。内容は、このコラムに通じる内容でした。
東京新聞は、素敵な若い女性の記者さんががんばっていました。報じてくださり、ありがとうございます。

<桜を見る会 審議拒否に国民怒り 「長期政権のおごり」「国会で堂々説明を」(東京新聞) >

改めて.....。寒空の下、参加した皆さま、お疲れさまでした。そして、参加できなくとも、心を寄せてくださった皆さま、ありがとうございました。これからもがんばりましょう!


2019年12月1日(日)

もうすぐ4ヶ月

いよいよ12月。今年も終わりますね。今年わが家で最大の出来事と言えば、やはりぐう吉とのお別れと、もふこをもらい受けたこと。これに尽きます。
思えば、ぐう吉とのお別れは7月20日。もふこがわが家に来たのは8月4日でした。

もふことの暮らしは間もなく4ヶ月。最初の緊張を思えば、今はリラックスして暮らしているんじゃないでしょうか。ご飯もよく食べ、私とツレにはよく懐いています。
あとはもう少し1階や地下にも来て欲しいところですが、人間がいないところでは偵察に降りているよう。まあ、2階の寝室が一番快適なのは間違いないので、基本的には2階がホームポジションになるのは理にかなっています。
ぐう吉もそうでしたし、ね。多くを望まず、とにかく快適に暮らしてほしいものです。

しかし、もふこはかわいいなあ。......と猫ばか丸出し(笑)。
毎日くしで梳いているから、毛並みも良くなりました。
もふこの名に恥じないもふもふちゃんです。