2019年4月17日(水)

選挙ウィーク

今週もウィークデイが始まり、あっという間に3日が過ぎました。月曜が在宅ワーク。昨日今日が訪問看護のバイトです。市議選まっただ中なので、電動自転車での移動中も、何人かの候補者と行き会いました。
今日は調布市の方にロングランだったので、調布市議選候補者のポスター掲示板を眺めて戻りました。
ある所で立ち止まり、じっと見ていたら、公明党の候補者選挙カーが通過。通り際、「〇番の××です!」と運動員、本人の絶叫が聞こえ、固まってしまいました。
ああ、必死なんだなあ。必死すぎてコミカル。でも、これが選挙なんですよね。政治的な立場を越えて、ちょっと感動しました。
でも、ここで会釈したら「ご声援ありがとうございます」って言われちゃうので.......ぐっと我慢。身じろぎせず見送りました。
ちなみに、〇番というのは、掲示板にポスターを貼る時のマス目の番号です。公示の日に立候補の届け出をしてから、くじ引きをして、割り当てが決まるそうです。

今日は、ツレが飲み会なので、夕食は1人です。日中は少し暑かったのもあり、冷たい素麺が食べたくなりました。
帰宅後すぐにめんつゆを作り、冷蔵庫へ。来客のあと、おいしく食べました。
おかずは作り置きの高野豆腐の含め煮とラタトゥイユです。


2019年4月14日(日)

武蔵野市議会選挙

今日は武蔵野市議会選挙の公示日。投開票は来週日曜日です。正味7日間の選挙戦が始まりました。
今回は、定数26人のところ、37人が立候補する大激戦。松下玲子市長の応援団としては、とにかく松下市長と考え方の近いリベラルな議員がひとりでも増えて欲しいところです。議長を出しても過半数を取れる14人が理想ですが、はてさてどうなりますか。

今回は、特にひとりの人に肩入れするのは控えています。今日は武蔵境駅にしばらくいて、当選して欲しい議員さんの街頭活動に拍手を送りました。

この土日、夫婦であちこち歩き回ったので、歩いた歩数はそれぞれ約5万歩。さすがに足が痛くなりました。
この歩数にはぐう吉もびっくり....かな。


2019年4月12日(木)

偲ぶ気持ち

昨日は自宅に友人をお招きし、一昨年苦労のない世界へ行った地域猫マダムの偲ぶ会をしました。
マダムとの間柄については、2017年12月30日の日記をご覧ください。
今日集まった友人は、皆マダムにご飯を上げたりして、一緒に面倒をみていた人たちです。

また、水曜日には、多くの猫たちの恩人・ナカノさんを偲んで作られた造形作品が届きました。
ナカノさんは、猫の捕獲名人。迷い猫の捜索や、野良猫に不妊手術をするための捕獲など、多くの猫を幸せにした人です。昨年夏、実家にやってきた母猫と子猫3匹を捕獲し、不妊手術をするまでの手配もすべてやってくださいました。
そのナカノさんが、去年の終わりに急逝なさったのです。
ナカノさんと仲のよかった近所の男性が、樹脂で作った作品です。黒猫を見ると「クロベエ」と呼びかけていたナカノさんを偲び、「ナカノクロベエ」と名付けられました。

なんとももの悲しい感じの黒猫。ナカノさんの不在を猫たちが悲しんでいるようです。 ナカノさん、これからも猫たちを見守ってくださいね。偲ぶ気持ちの温かさを知る、春の寒い一週間でした。


2019年4月10日(水)

真冬の寒さ

今週に入ってから、今日が真冬の寒さになる、と盛んに気象予報士がテレビで言っていました。
その予報が大当たり!今日は武蔵野市周辺の最低気温が約2度。最高気温が約8度。最高気温は夜中3時に出て、以後夕方まで下がり続けたのです。

好天の昨日は訪問看護のバイト。冷たい雨の降る今日は在宅ワーク日。勤務の同僚への申し訳なさから、仕事はいつになく進みました。
仕事の間、ぐう吉は床暖房に貼り付いて爆睡。夜も寝て昼間も寝て...本当によく寝ているもんですね。

夕方疲れて、地下のソファーでひと休み。抱えて連れてきたぐう吉も、エアコンの温風受けてすぐに寝息を立て始めます。
あ~~、至福の時。明日の分もがんばったので、明日は少しゆっくりします。


2019年4月8日(月)

あずみの里事件

2019年4月8日(月)の東京新聞、「本音のコラム」は、特別養護老人ホームで起こった高齢者のドーナツ摂取による「窒息」事故の裁判を取り上げました。わざわざ「窒息」と括弧をつけたのは、後に亡くなった利用者さんの死因が窒息によるものではないと、被告准看護師の弁護団が明らかにしているからです。

この裁判は、利用者遺族が事故の責任を問う民事裁判ではありません。ケアにあたった個人を刑事罰に問う刑事裁判であるという点にご注目いただきたいと思います。

コラムで特に私が強調したのは、ケアに関わるものが、自らの専門性において行う、インシデント、アクシデントへの振り返りが、警察及び検察によって、罪の根拠に使われる可能性がある、と言うことです。
事故を未然に防ぐべく、防げた事故も含めて書かれる「ヒヤリハット報告」が普及してきましたが、これもこうしたリスクをふまえる必要が出てきました。

今回の有罪判決は、ケアにあたる個人が罰せられることによるケアの現場の萎縮と共に、良心に基づく安全対策も困難にしてしまいかねません。
改めて、不当判決であると声を大にして言いたいと思います。

解説記事は、以下をご参照ください。

あずみの里事故死、有罪判決 介護関係者から落胆の声


2019年4月7日(日)

猫の光合成

この週末はあちこち出かけ、よく歩きました。お天気がよく、ぐう吉は暖かい日の入る2階の寝室でのんびり。日を受けて眠る様子は、さながら光合成なのでありました。

本当にかわええ~、かわええ~。


2019年4月5日(金)

動物は成仏できるか?

今日は訪問看護のバイト。2日間引きこもったあとだけに、社会参加を実感します(笑)。ああ、やはり私には出勤が必要。執筆だけの暮らしはあり得ませんね。

今朝は、朝日新聞の朝刊に面白い記事を発見。「ペットも家族の一員。同じ墓に入りたいけど...」というタイトルで、動物を「畜生道」に属するとする仏教の考え方から、望んでもなかなかそれが叶わない、という話しでした。
これ自体は目新しい話ではないのですが、興味深かったのは、最近の仏教界で、「ペットが成仏できるか」が話題になっているそうなんですよ。
以下、記事の抜粋です。

ペットへの感覚が変わったことを受け、仏教界にも変化が。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳さんは、「ここ数年、『うちの子は成仏できる?あの世で再会できる?』という質問を僧侶が受け、どう解答すべきか悩む例がでてきた」という。

こうした状況を受け、浄土宗では、「ペットは極楽浄土にいけるのか」という議論が続く。2月に増上寺(東京都港区)であった公開講座には、200人以上の僧侶らが集まった。テーマは「ペットは往生できるのか」。
安達俊秀・仏教大学元准教授は、念仏を唱えられない動物はそのままでは往生できないとして、「供養の時は、次は人間に生まれ変わりますように、と願うべき」と主張。一方、秋田康順・大正大学教授は、供養すればすぐ往生できるとし、「あなたの思う最も理想的な姿で浄土に生まれ直すでしょう、と答える」と反論した。会場からは「同じお墓に入ってもいいのか」という質問も飛んだが、2人は問題ないとした。
司会を務めた大正大学の石川琢道准教授は、「宗教者として、ペットロスの悲しみに答えられるかが問われている。教学的な議論を重ねる必要がある」と述べ、今後も議論を深めたい考えだ。

猫との別れを経験した私からすると、「供養すればすぐ往生できる」という考え方の方が慰めになると感じます。「供養の時は、次は人間に生まれ変わりますように、と願うべき」と言われると、これは猫に聞いてみないとわからない。人間なんて勘弁、と思っているかも知れず、人間至上主義が鼻についてしまいます。

一方で、「教学的にどうか」という議論は、宗教家の方々に欠かせないというのは、理解できます。この問題は、けっこう仏教の本質に関わるような気もして......。そうした見地からも、大変興味深いのです。
ただ、記事によれば、動物とは入れるお墓も増えてはいるようなんですね。
私は今も、先代ミルクのお骨を家に置いております。この先一緒には入れる、私たちに適したお墓があれば.....やはりそこに入りたいと思うのです。

写真は、棚の上に置かれたミルクのお骨。2001年5月に、20歳くらいで苦労のない国へ。ぐう吉と同じサビ猫でした。


2019年4月4日(木)

よう働いた!

昨日今日と在宅ワーク。まなじり決してがんばって、かなり濃厚に作業を進めました。主な仕事は学術学会関係の仕事。ウェブサイトの業者委託にむけた作業や、新たな研究会の立ち上げ準備など、気になっていた仕事を一気に終わらせました。

上の写真は、A5サイズの時間管理用手帳。左にその日1日のタイムスケジュール、右の上半分に行ったタスクを記載します。
ちなみに、右の下半分はぐう吉の健康管理。左から体重、食事量、補液量を記載しています。
特に右の上半分、ずらりと書かれたタスクが、きちんとチェックされているのに大満足。よう働いた~。

夜は、地下のソファーでひと休み。ぐう吉も一緒に、ブランケットに溶け込んでました。


2019年4月2日(火)

点字ブロックのような

今朝も寒い朝でした。ぐう吉は起き出すとすぐに床暖房を求め、2階の寝室から1階に降りてきました。
この写真は、降り始める直前を撮ったもの。両足でしっかり階段の位置を確認しているのがわかります。

この最上段の滑り止めマットは、数日前、最初の一段がわからなくなっていたぐう吉を見て、貼ったものです。
貼って以来、これを目印に階段を降り始めています。

点字ブロックのような滑り止めマット。活用されて飼い主としてはとってもうれしいです。


2019年4月1日(月)

息の長い桜と元号騒ぎ

先週末から寒い日が続いています。おかげさまでと言うべきか、今年は桜がなかなか散りません。
今日と明日は訪問看護のバイト。電動自転車での移動中、満開の桜に目がとまりました。

今日は昼から新元号で世の中は大フィーバー(死語)。発表の時間にちょうど訪問看護室にいて、テレビで見てしまいましたよ。
菅官房長官が意気揚々と「令和」の札を掲げた決定的瞬間に、事件は起きました。なんと、大事な札に手話通訳の窓がかかって、文字が見えなかったんですよ。職場は爆笑でした。

私は天皇制も元号もない方が良い、という立場。だから、メディアの過熱報道がとってもうっとうしくてなりません。
ここ数日は、本当に凄い騒ぎで......。夜も海外ニュースをかけて、心理的亡命中でした。。

でも、あの瞬間は見て良かった、かな(笑)。
今後は、今までにも増して、西暦を使うようにいたします。

中ピ連再結成の呼びかけ(笑)

2019年4月1日(月)の東京新聞特報面は、エイプリルフール特別版。特報面全部がジョークなので、「本音のコラム」も同様なのであります。
内容は「中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合(略称」中ピ連)の再結成呼びかけ。ジョークを解説するのは野暮なので、詳しい解説はいたしません。
中ピ連が残したものを考えると、非難と嘲笑しか思い浮かびません。逆に、1970年代初め、ようやく芽吹いた日本のフェミニズム(当時はウィメンズリブ)の流れをなき者にしたい勢力が、わざとやらせているのではないか。そんな声も聞いた覚えがあります。子供心にも、母を含めたフェミニストの怒りは、ひしひしと伝わってきたのです。
そうした先輩たちのことを思うと、今の後退をなんとかしなければいけないのですよね。本当に、さまざまな感情が渦巻く年度の初めであります。

2010年4月6日から始めたこの連載も、今回で丸9年になりました。

また新たな気持ちで書いていこうと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。