2020年7月6日(月)

東京都知事選挙。決選投票がほしい!

2020年7月6日(月)の東京新聞、「本音のコラム」は、前回に続いて東京都知事選挙について取り上げました。昨日投開票だった選挙の結果は、予想通り、現職の小池百合子氏の圧勝。私が支持していた宇都宮健児さんは遠く、遠く及びませんでした。とても残念です。

とは言え、結果は事前の予想からも覚悟していました。しかし、想像以上にひどかったのが、投票率。コロナウィルス感染への不安や、先が読めてしまう選挙結果からか、投票率はなんと半数ぎりぎり超えの55%と振るいませんでした。

<都知事選、小池氏が圧勝 歴代2位の366万票―新型コロナ「第2波に備え」(時事ドットコムニュース,2020/7/6)>

私は、前回のコラムで、コロナウィルス感染予防のため選挙活動が制限されるからこそ、テレビ討論会を開いてほしいとの希望を書きました。SNSでも、同様の意見は多く聞かれましたが、結局開かれぬまま終わったことは納得できず、怒りを感じています。

そして、選挙への関心を高めるためにも、首長や小選挙区など、1人を選出する選挙でぜひ決選投票を採用してほしいと思っています。決選投票では、有権者の過半数を得た候補者がいない場合、上位2名で再度選挙を行い当選者を決めます。選挙を2回やる手間はかかるものの、票割れで漁夫の利を得る当選者が出ません。結果として、納得性の高い選挙が行われ、投票率のアップも期待できると思うのです。

<篠原 拓也,どのように多数決をとるか-とり方しだいで結果が変わる?,ニッセイ基礎研究所サイト,2018/8/6>

決選投票は、多くの国で大統領選挙などで行われています。以下の記事は、7月12日に決選投票が行われるポーランド大統領選挙についての記事です。以下の文章に、とても納得しました。
<極めて低い得票率で、さらにその一部の支持を得るだけで国政を動かせる仕組みよりは、有権者がはるかに「納得感」が得られるのではないかと感じた。
たとえ自分が大統領に「なってほしい」候補者が落選しても、もう一度「なってほしくない」候補者を選べる仕組みとも言えるかもしれない。なんにせよ、自分が持つ「一票の重み」を感じやすいのではないだろうか。>

<コロナで帰国できずに生体験したポーランド大統領選。一票の重みと日本での報道の異常さ(林泰人,ハーバードビジネスオンライン,2020/7/4)>

ちなみに、今回の選挙では、小池氏が有効投票数の半数を超えたので、決選投票を行うことなく、1回の投票で当選が決まることになります。つまり、圧倒的支持を得れば1回で終わる。ただし、票割れで1位になるよう場勝ち方なら、2度目の投票に臨まねばならない。……これは理にかなっているように思えます。
また、都知事選挙の場合、あまりに得票が少ないと、当選者なしで再選挙になる制度はあります。ただしこの時の下限は、有効得票総数の4分の1と非常に低く設定されている上に、再選挙となるので、決選投票とは全く違う制度です。
低投票率が恒常化している日本の選挙。制度の改革が必要なのではないでしょうか。


2020年7月3日(金)

ズート・シムズと塩水ウニ

1日を通すとツレよりも私になついているように見えるもふこ。でも朝起床前はツレに撫でてもらうのをじっと待っているんですよね。
今朝ももふこはツレにうんと撫でてもらってから、起き出しました。

水曜から始まった勤務は、今日で終了です。たかだか3日間の連勤ですが、雨や暑さもあって、意外に疲れました。
2009年春まで働いていた前の病院では、管理職だったため、基本は5日間連続日勤。今とは比べものにならないほど長時間労働だったことを思うと、やはり寄る年波でしょうか。

今日の勤務では、とても良いことがありました。40代の男性宅を訪問した際、好きな音楽がジャズと聞き、そこから話が弾みました。
彼が好きなのは、チェット・ベイカー。歌も歌うトランペッターです。私が「あまり知られていないけど、アルトサックスのズート・シムズが好き」と言うと、彼は大喜び。「『ズート・アット・イーズ』いいですよね!」と名盤の名を言い、しばらくジャズの話しが続きました。
その人が人生の中で培った健やかな部分を無理なく引き出し、関われた時はとても温かい気持ちになります。今日はそんなひとときでした。
チェット・ベイカーありがとう!ズート・シムズ、ありがとう!
ズートシムズについてまたネットで情報を探したら、とても良いサイトがありました。ご自身も演奏する方のサイトです。お勧めです。

そして今日は、職場の仲間で共同購入していた北海道の塩水ウニ が職場に届きました。コロナ禍で卸先の高級料理店が休業し、行き場を失った商品が安く直販されたものです。2箱買って、今日と月曜日にウニ丼で食べます。

月並みの感想ですが、本当においしかったですよ。残りを食べる月曜日が楽しみです。


2020年7月1日(水)

洗濯機リニューアルその後

おとといわが家にやってきた新しい洗濯機は、快調に動いています。ドラム式から縦型に換えたので、水をたくさん使うこと、時間が余計にかかることは予想していた通りでした 。
驚いたのは、ドラム式より明らかにきれいに洗えること。その分布地は傷むのかも知れませんが、それに目をつぶれるくらい、きれいに洗えるんです。

搬入と設置は月曜日の11時半、男性2人がやってきました。もふこは怖がって寝室奥のクローゼットに避難。しかし、よほど怖かったのか、昨日もクローゼット奥にいる時間が長く、業者が来た時刻には、ベッドの下にもぐってしばらく出てきませんでした。

昨日一日誰も来なかったので、安心したのでしょうか。今日は1日どこにも避難することなく、一日寝室で過ごしました。

写真は、ローリングするもふこ。瞬間を捉えると、とっても面白い顔をしています。
「もふこ~」と呼ぶとローリング。うれしいのかなあ。
本当に怖がりで、人見知りで.....。
そんなもふこがかわいくてたまりません。