2017年10月16日(月)

ついにFacebookを始めたのですが....

昨日から、ついにFacebookを始めました。
きっかけは、武蔵野市長選挙を通じて知り合った市議さんやボランティアの市民の方たちと、これからもつながっていこうと思ったからです。
Facebookは想像以上にコミュニケーションツールとして活用されていたんですねえ。不勉強でした。
メールでもLINEでもなく、Facebookをメインに連絡を取っている人がこんなにいるとは思いませんでした。

ただ、今のところ手広くやるつもりはありません。あくまでも顔見知りの人との連絡、近況報告の手段ですから。友達は原則顔見知りに限る、そうでない方からの友達申請はお断りすることにしました。

やはり、顔見知りでない方とのやりとりは、熟慮して慎重にしたいと思うのですよね。Facebookのメッセージやコメント機能も、基本は単文のやりとり。言い過ぎや言葉足らずがあっては申し訳なく思います。
ですから、今後も基本はこのサイトで発信し、やりとりはメールを使っていきます。
明日は在宅ワークの日なので、上記の内容をなんとかプロフィールに出せるようがんばるつもりです。

そして、折しも今は衆議院選挙のまっただ中。市長選挙で知り合った人たちから、いろんな情報が流れてきます。
自民党の圧勝が伝えられている中、私も立憲野党支援のため、できることをやりつくそう。そんな気持ちが盛り上がってきました。

まずはサイトのフレームに、以下のメッセージを書きました。

私は、立憲民主党を支持します

私は、自民党の憲法草案を基本とした「憲法改正」に反対です。
改憲勢力が力を伸ばせば、改憲の発議が行われる可能性が現実味を帯びてきます。
私は穏やかな保守主義を否定するものではありませんが、自民党の憲法草案は、私が望む多様性が認められる平等な社会を否定するものと考えます。
安倍首相の改憲願望の基本には、この憲法草案があります。

今行われている衆議院選挙に候補者を立てている政党のうち、改憲に反対するのは、立憲民主党、共産党、社民党です。
この3党が議席をひとつでも多く獲得することが、この改憲を阻止する力になります。

いままで出していたメッセージを修正したものです。明日明後日は在宅ワーク。火急の用や来客対応を済ませたら、選挙のボランティアにも以降かと検討中です。


2017年10月14日(土)

立憲民主党への支援活動

今日は午後都内へ出講。親の介護と母子関係について、母子関係のカウンセリングをしている方と対談をしました。
その前後は衆議院議員選挙に向けての選挙活動。東京18区から立候補している立憲民主党公認・菅直人さんの支援をしました。

具体的には、午前中公選はがきの宛名シール貼りと、夕方の街宣活動。いずれも松下玲子市長を支援した市民が中心の活動です。
18時から19時半までの街宣活動は、まず、市民を中心にリレートークを行い、最後に菅さんが演説をしました。
リレートークのトップバッターを務めたのですが、できはいまいちだったなあ。選択に迷う選挙だからこそ、自分が大事にしているものをきっちり見据えていこう....と言うことが言いたかったんだけど、どうも言葉がうまく繰り出せませんでした。
もっと単純に、「市長選の勝利を今回の選挙の弾みにしましょう!」と無難にまとめれば良かったかも。
ちょっと考えすぎたか.....。反省しきりです。

街宣の後は、松下さんの選挙を通じて仲良くなった友人と、吉祥寺駅近くのイタリアンレストランで夕食をとりました。
とてもおいしいピザだったなあ。そうこうする内、気持ちも持ち上がってきました。


2017年10月13日(金)

この笑顔を忘れずに

この写真、武蔵野市のTwitterから持ってきました。10月10日、武蔵野市役所前で行われた、松下玲子市長の就任式の写真です。
撮影者の方、勝手に貼ってごめんなさい。見れば、自分が映っていたので(笑)。ご寛容のほどを。

松下市長とがっちり握手しているのは、松下さんに市長選挙に出るよう要請した高木敦子さん。「住み続けられるまち武蔵野へ!市民の会」 の事務局長を務める、弁護士の方です。
都議選に落選間もなく、固辞する松下さんを強く説得して、出馬してもらった功労者のひとり。とても感謝しています。

いいなあ、この笑顔。松下さんも、高木さんも。ワタシも後ろで笑ってます。写真に関係性が写る、ってこういうことですねえ。
これを見つけて、さっそく高木さんにショートメールでご報告。「ラブリー、キュート、チャーミングな高木スマイル」と褒めちぎってしまいました。

しかし、喜ぶのも束の間、この就任式の日から、すでに衆議院選挙の選挙戦が始まりました。松下さんを支援した人の多くは、私も含め、衆議院選挙東京18区から立候補している、立憲民主党の菅直人さんを支援。 ワタシは、菅直人さんが民主党政権時代の負のアイコンとなりながら選挙に出続けた身の処し方に、違和感を感じています。
とは言え、今回の選挙には勝ってもらわなければなりません。護憲の議席を守り、きちんと後の人にバトンを渡す役割を担ってほしい。そのように考えて、支援しています。

とは言え、選挙情勢は自民党の圧勝も伝えられており、厳しい状況が続きます。でも、こんな状況だからこそ、松下さんが武蔵野市長になってくれて良かったと思います。

リベラルの結集、そしてそれが力を増すには、これから長い時間がかかるのような気がする。だからこそ、よりどころとなる核が必要。その意味で、武蔵野市長の存在は、大きいと思うのですね。

めげそうになったら、この写真を見ようっと。この笑顔を忘れず、諦めず。文句ばかり言っていてもしかたがありません。
理想を言えば、私たちひとりひとりの力で、「この人に是非入れたい」と思えるような魅力的な候補者を、発掘し、育てていきたい。
この笑顔は、そんなことの大事さも教えてくれているようです。


2017年10月12日(木)

ステージが上がった?

今朝、病院へ出勤途中のことです。いつも歩いている道で上からの視線を感じました。
「ん?」と思い上を見上げると.......。

あれま。知らなかったわ。この家に2階に猫ちゃんがいるなんて。
訪問看護の途中でも、視線を感じてそちらを見ると、猫がいる。時々あるんですよねえ。

職場について同僚に話したら、「宮子さん、もうすぐ猫語が話せますね」と笑われました。
この話を、寺の猫をかわいがっている仲間にLINEすると、「もう話せてると思っていました」。

それにしても、今日の視線の感じ方は、尋常ではありませんでした。猫語がわかるゴールに向けて、1つステージが上がったか?
しかし猫語、わかるのがいいか悪いかはなんともビミョー。ますますこき使われそうです(笑)。


2017年10月11日(水)

学会サイト更新でどはまり

土曜日に行われた東京女子医科大学看護学会の学術集会。座長の任務を終え、無事終了したのも束の間、広報委員会の仕事が控えています。
学会が毎年年度末に発行する会報には、その年度に行われた学術集会の記事を必ず掲載するのがお約束。その記事を書いてもらうため、大会長やシンポジウムの座長など何人かの方に、原稿の執筆依頼をしなければなりません。
これはすでにひな形もいただいて準備は万端。後は点検してメールで送るだけになっています。

今日は訪問看護の仕事から帰った後、広報委員会の仕事を一気に片付けると固く心に決め、パソコンに向かいました。
夕食はすでに作りおきのホワイトソースで、対応OK。久しぶりに鳥と茸のクリームソースで、パスタにするのだ。
ホワイトソースは、冷凍にしても味に変わりなく、とても便利です。

今日はこの他、広報委員会の仕事として、サイトの更新依頼も入っていました。前準備として、昨日の夜サイトの全体を点検すると、一部リンクがおかしい所があるのを発見。アンカーを設定してリンクを張ったところがうまく飛ばないのです。

くは~~~~~。これは難工事かも.......。と思った予想は大当たり。
見事どはまり。せっかくのノー残業デイで早めに夫が帰ったというのに外出もせず、パソコンに向かい続けてしまいました。

そして、格闘すること2時間。あれこれやり直して、やっとなんとかきれいにリンクが飛ぶようになりました。
ただ、なんでうまくいかなくて、どうしたらうまくいくようになったのか。なんか理屈がわかりません。
結果オーライの修復って、とってもいやなんですけど。ここは私の能力の限界。点検だけはマメにしようと思います。

ともあれ、依頼されたサイトの更新は終了。原稿の執筆依頼も無事メールで送信し、これでしばし委員会から頭と手が離れます。
この解放感。そして、不完全ながらも、なんとかうまくサイトが動いている達成感。これはこれでけっこうハッピーなもんです。
やらなきゃならない役割ならば、性分にあったものがいいですね。


2017年10月10日(火)

松下玲子市長就任式に駆けつけた!

昨日は訪問看護のバイト。今日は休日。希望した休みでもないのに、なぜか松下玲子市長の武蔵野市役所の初登庁日に勤務がありません。
支援した仲間からの誘いで、9時から初登庁に会わせて行われる就任式に駆けつけました。
自宅から徒歩30分。時々なら良い散歩コースです。

ここまで来ると、 もう松下さんの追っかけですねえ(笑)。でも行って良かった。
就任式は職員の出迎えと市長のご挨拶、花束贈呈など。10分足らずの式でした。
終了後は、支援者とがっちり握手。右の写真はその時の写真です。
ちゃっかり私も握手しちゃいました。追っかけですもの(笑)。

支援した仲間と顔を合わせ、また喜びをかみしめつつ、衆議院選の話しなど。今回の選挙では、いろんな年代の人と出会い、今後も交流したい人とも、つながれました。
良い選挙は、人をつなぎますね。その意味でも、大収穫です。

記念の抄本?

帰り道、市政センターに立ち寄って、旧姓の証明用に準備している抄本を取り直しました。
女子医大看護学会の広報委員長の名前で作っている通帳が旧姓なので、この手続きのために必要になったものです。
いちいち指摘されて取ると腹立たしいので、任期の間は、なるべく予め必要に備えて持っておくと決めました。
前回の抄本に出ている市長名は、邑上さん。そして今日取ったのは松下さん。邑上さんの名前が入っているものは、永久保存版にします。

上の写真は、新旧市長の名前が入った抄本です。
抄本が必要なのはあまりうれしい状況ではないのですが。それでも今回ばかりは、ちょっとにまにま笑ってしまいます。


2017年10月8日(日)

女性たちの護憲集会で市長選挙のご報告

今日はいろいろ雑用の合間を縫って、有楽町駅まで行われた「安倍9条改憲反対!女たちのリレートーク」に参加しました。
私は、2番目の発言者としてマイクを握り、市民が力を合わせてリベラル派の女性市長を誕生させた成果をご報告。混沌とした衆院選、それでもなんとか右派改憲勢力を押しとどめたい、集まった仲間たちで喜びを共有しました。

験の良い内容の話しだったので、今回は恥ずかしながら、威勢の良い写真を載せてしまおう(笑)。
発言者の中に、ジェンダー論の研究者・澁谷知美さんがいらして、武蔵野市民同士、話が弾みました。

後からメールでいただいた主催者からのご報告によれば、「30組31人の方のスピーチで予定の3時間を超え、無事終えることができました」とのこと。
これからもリレートークは続けて行く予定で、次回は10月13日(金)。14時~16時、上野駅公園口にて街宣と署名集めを行います。
私は参加できませんが、関心のある方はのぞいてみてください。

以下に会のチラシを添付します。


2017年10月7日(土)

座長でとても緊張

今日は東京女子医科大学看護学会の第13回学術学会に参加。シンポジウムに先立つ講演部分(part I)の座長を務めました。
討議がないため、主な役割は講師の紹介。それでもとても緊張して、なかなかうまくできませんでした。反省。

参加者が少ないのがやや淋しかったのですが、中身は濃く、良い学会になったと思います。

夜は、19時から武蔵野市長選挙の結果報告会に夫婦で参加。劇的勝利から1週間経ったんですねえ。あっという間の1週間でした。


2017年10月6日(金)

やっぱり退院

火曜日に参加が決まった別の病院で行われるカンファレンス。午後半日出勤して参加してきました。
結論から言えば、介護判定も見込みで退院が決まりました。それも来週の初め....。
無理があるようにも思えますが、本人が退院希望ということなので。それを思うと、ちょっと気が楽になります。

訪問診療の先生がかなり熱心で、これなら大丈夫かな、と思いました。
私たちは今後も、無理なくつき1回の訪問を行う予定です。


2017年10月5日(木)

在宅ワーク

今日は久しぶりに、誰も来ず、どこにも行かずの在宅ワーク。原稿を書いたり、学術学会の仕事をしたり、合間にちょっと休んだり.....。
久しぶりに、家でいろんなことをしました。

毎度思うんですが、こうゆう日をもう少し作りたいんですよ。
でも、働きに行く以上に体力を消耗する日もあるから、ほどほどがいいのかも知れません。


2017年10月3日(火)

とにかく退院

先週から、身体疾患を併発して他院に入院している利用者さんの退院について、入院先の病院から連絡が入っています。
私の職場は、利用者さんそれぞれに受け持ちの看護師が決まっているものの、訪問自体はひとりに固定していません。いろいろな人が関わっているので、受け持ちがいない日でも、大丈夫。いる人で対応するのが当たり前の形になっています。

この退院を巡る件では、受け持ち看護師が不在の時に問い合わせがあったため、 たまたま電話を受けた私が対応してきました。
印象としては、まだまだ具合が悪いその人を、とにかく早く退院させたい。こちらからすると荒唐無稽な計画のように思えるのですが、急性期病院はとにかく入院期間の短縮が求められますからね。

こんな時、ワタシは、「あ~あ、ちょっとひどいなあ」と思いつつも、向こうも本位でやっているんじゃないのはわかってしまいます。
だから、「患者不在!」と断固たる言葉は封印。相手を正論で追い詰めても、かえって冷静さを欠かせるだけでしょう。

金曜日の午後、この件についてのカンファレンスが開かれるとの連絡が入り、休みを返上して午後半日出勤することにしました。もちろん、誰かでられれば他の人に任せるのですが、人が足りないので。
きちんと利用者さんの状況を見てこようと思います。

「時々入院、ほぼ在宅」という国の方針は、急性期病院からの追い立てを生んでいます。今後、受け皿となる訪問看護や訪問診療を充実させていけば、今の無慈悲な感じは薄まるでしょう。
しかし、それでも、施設での看取りが望ましい場合もあると思う。そして、 今回の利用者さんは、病状の悪さや予後などから、その範疇だと考えていますが....。
こうしたパスがなくなりつつあるのが、なんとも困ったことです。

恐らく今後、こうした事例が増えると考えると、ここは踏ん張り時。きちんとかかわり、状況を理解したタイと思います。


2017年10月2日(月)

お宝ツーショット

今日は午後所用のため、午前中のみ勤務。朝出勤時に、吉祥寺駅北口で当選御礼の挨拶をしていた松下さんにお目にかかりました。
がっちり握手。終わりかけにうかがったので、少しおしゃべりをして、一緒にいた深沢達也市議に写真も撮っていただきました。

松下さんは、10月9日に市長に就任。初登庁が10日になるそうです。
この晴れやかな笑顔。本当に素敵だなあ。この写真は、宝物にします。


2017年10月1日(日)

当選!

今日はいよいよ武蔵野市長選挙の投票日。当日開票の結果は21時半以降発表になります。
支援者は21時に選挙事務所に集まる予定。それまで、私たち夫婦はたまった雑用をしながら時間を待ちました。もちろん、投票も。
何をやっても落ち着かず、本当に開票が待ち遠しかったですね。

そして、21時前に事務所着。時間を追うごとに支援者が集まり、熱気はむんむん。選挙管理委員会発表の開票状況がFM放送で流れます。
投票率は前回市長選より若干高い約44%で、総投票数は約5万票。最初の発表は21時40分で、どちらも2500票でした。
次の発表は、22時00分。松下玲子24000票、高野恒一郎14000票。この時点で事務所の中は大騒ぎ!当選確実になりました。
その後、22時45分に当選が確定。最終の得票は、 松下玲子34166票、高野恒一郎17933票でした。

終わってみればダブルスコアの大勝。でも、これは私たち熱烈応援市民が、必死に票を取りに行った、結果だと思います。
特に「高野さんなんかに負けるわけがない」と安心していた支援者の方に、「投票率が下がったら、組織票が強い相手陣営が強い」と伝え、投票を呼びかけたこと。これは、大きかったのではないでしょうか。

電話を受けた支援者以外の方には、ご迷惑だったと思います。これはもう、心からお詫びするほかない。本当にごめんなさい。

夏の都議選では、民進党から出るのは不利とわかっていても、民進党公認候補として闘った松下さん。今回、市民からの強い要請を受け、無所属で闘いました。
市長は無所属、というのはオーソドックスな形なので、離党は当然だったのですが、今の民進党と希望の党の騒動を見ていると、結果として、離党していた良かったなあ、と思います。

スジを通した人が報われる。今の国政を見るにつけても、そうあってほしいと強く願います。
本当に、本当に、当選して良かったです。