2014年5月31日(土)

岡山での仕事

昨日は1日家で仕事をした後、17時10分ののぞみで岡山へ。前泊して、翌日10時~16時の研修に臨みました。
晩ご飯はのぞみの車内で駅弁。定番の『牛肉どまん中』はやっぱり美味でした。
朝はホテルのバイキング。トマト、フレンチトースト、ウィンナー、スクランブルエッグ、ほうれん草のソテーにスープ。飲み物はコーヒーとトマトジュース。
いつもながら、こわいくらい食べてしまいました。

今回も対象は主任、リーダーの役割を担う看護師の方。この研修もずいぶんな回数やっています。この研修といい、通信講座といい、日本の看護を担う看護師の生の声を聞くという点では、この上ないフィールドワークの場とも言えます。
この人たちが楽しく働ける状況作りのために、自分が残された時間でできることを真剣に考えなくちゃ。
……帰りの新幹線で爆睡しつつ、改めて、しみじみ思いました。


2014年5月29日(金)

5月4日以来の休みまであと少し

あらためて5月の日程を見てみると、結局オフと言えるのは5月2日と4日だけ。その後は夫の入院もあり、とにかくばたばたしてしまいました。
さすがにちょっと疲れ気味。でもも、先も見えてきました。
6月2日と3日は、夫と一緒の連休。彼は勤続25年の休暇で、この週休みなのです。
基本的には遊びメインでリフレッシュ予定です。2日は結婚記念日ですからね! そのために、在宅できる今日の日中は急ぎの仕事を片付ける予定です。

今週は外食が多い週でした。火曜日が友人と会食、木曜が学会の打ち合わせをしながら仕出し弁当、そして今日は岡山で前泊なので、夕食は出先の予定。になります。
一人で食事の夫のために、火曜はポトフ(これは月曜の残り)、昨日今日はカレーを2日分、作り置きしました。
家でも原稿を書いたり、通信教育に関連した仕事をしたりと、何かと作業をしてるのですが。合間の料理は、良い気分転換。能率向上に役立っている気がします。

また、最近廃棄候補となっていた漆の皿を再活用しています。細長い皿で、なかなか使いようがなかったのですが、キーボードの上に置いて、ペントレーにすると、場所が有効活用できて、とっても良い感じ。
最近出番が多い赤いインクの入った万年筆と、ホチキスを置いて使っています。
これも作業効率が向上に貢献。捨てずにとっておいて良かったです。

さあこれから家を出る時間まで、がんばるぞ~!


2014年5月26日(月)

薬をやめたい人との会話

今日から夫は2週間ぶりに出勤です。聴力を除いては体調は良いのですが、念のため、今週は定時で帰るならし勤務。なんでもないようでも、やはり疲れやすいと、出勤途中から、LINEで知らせてきました。

ステロイドパルスは、内服に換算すると、プレドニン200錠を越える投薬になるそうなんですね。目がさえる分、眠剤を飲んだりもしますし、自覚はないながら、身体機能が亢進し、結果として疲れているんだと思います。
ステロイドが効く薬の常で、突発性難聴は原因や機序がよくわかっていません。ステロイドは抵抗感を持つ人も多い薬の割に、突発性難聴では使用を拒否する人が少ないのは、使用期間がごく短期間に限定されているからでしょうか。
ステロイドの効果を見ていると、病気の原因がわかっていない病気は意外に多く、わからないと治らないというものでもないんだなと、あらためて思います。

こんなことを今考えたのは、精神科医療への批判で、「病気の原因もわからないのに、薬をたくさん出して儲けている」という趣旨の批判を目にする機会があったからです。
ある利用者さんから、訪問帰りに『精神科は今日もやりたい放題』などの、批判的な書籍を読むよう強く勧められ、持ち帰らされたのでした。
趣旨としては、先に書いた通りで、徹頭徹尾、薬物療法への批判が強調されています。
これを読んでその利用者さんは、自己流で減薬している様子。何となく不安定になっているのですが、大きく崩れていないので、ゆるゆると様子を見ているところです。

反精神医学的な考え方は、昔から知っているので、特に仰天も反発もありません。こうした批判があることは知っていた方がいいでしょうし、ひとたび著者の立場に立てば、すべてがそう見えるのだろうな、と。そして、患者さんによっては、この立場を選ぶ人もいて、それは本人の選択だろうと考えました。
後日、その人から本への意見を求められた時は、その感覚をそのまま伝えました。やや拍子抜けした様子で、「止めないんですか?」と聞かれたので、こう答えました。
「精神科の病気は、数値ではかれるものではないから、薬の効果も見えにくいのは確かだと思います。だから、いろいろな考え方があるだろうし、自分がその考え方に賛成できる先生と組むのが、その時点で最良だと思うんですね。今の薬の量も多くはないけれども、それだけに、画期的に減らすのは、難しいでしょう。だから、とにかくもっと薬を減らしたい、ということならば、その考え方の先生の所に移るのも良いのではないでしょうか」

最終的にその人がどう決断するのかはわからないのですが、 私の考えは伝えました。他の訪問看護のスタッフがどう答えるのかはわかりませんが、いろいろな意見を聞いて、きちんと彼が決めればいいことだと思います。
私は何が何でも薬を飲め、とは言いません。大事なのは、その人が自分で選ぶこと。十分に能力がある方だと思うから。
私ののぞみとしては、賛成できない治療を受けながら、文句だけ言う人には、なってほしくない。でもそれも、本人が決めることですけどね。


れるのももっともで、確かに、母の若い頃と今の私はかなり似ているんです。写真だと、自分でも間違うくらい。
一昨年母が亡くなったことを話すと、お母様はとても寂しそうにしてくださいました。

いや、とぼけようと思えば、とぼけられたんだと思うんです。でも自分からわざわざ言わないけれども、聞かれたら嘘は言わない。いつの頃からか、そんな風にやってきたんですね。
それは母の人生に対する敬意、かな。ハハハきっと、自分の仕事に誇りを持っていたでしょうから。多少ばつが悪くても、私が隠すのは悲しむと思うんですよね。

思いがけないところで母の話ができて、とても幸せな気持ちになりました。1日遅れた母の日かもしれませんね。


2014年5月10日(土)

看護職生涯発達学の一門会でした

夫が入院して2日目の朝が明けました。
今日は私が修了した東京女子医科大学大学院看護職生涯発達学の在校生と修了生の集まり・一門会に出席しました。
今年で4回目になるこの回、前半は修了生の研究発表、後半は歓送迎会になります。
今年は、10時~14時まで、今年3月修了生の修士論文の発表とすでに承認された博士論文の計画書発表、それに2年生の研究計画書発表の予演も行われました。
14時半からは、大学近くのカフェで、歓送迎会。研究室の設立から10年を迎え、いよいよ一門会のメンバーも増えてきました。盛会で、何ともうれしい限りです。

17時頃には歓送迎会も終わり、夫が入院する病院へと見舞いに向かいました。
まだ聴力はぱっとしないようですが、突発性難聴の症状固定は約1ヶ月。あと2週間ほど猶予があります。
すぐに入院してれば良かったかな、と思わないでもありません。でも、内服とはいえ、ステロイドはかなり行っていたのですよね。まあこれでダメなら、はなからダメだったのかも。そう思って、この先に期待することにしました。
病衣を着ても楽しそうな夫ですが、ゆっくり休んで、早く良くなってほしいものです。


2014年5月9日(金)

嗚呼!夫が入院

今日の午後は、夫の耳鼻科受診。訪問看護の仕事が入っていて、私はついて行けませんでした。
何となく回復しているようだと言っていたものの、思ったより聴力は回復なし。検査結果をふまえての受診の後、即日入院となりました。

仕事が終わってすぐ私は家に戻り、入院に必要な着替えなどを準備。東京新宿メディカルセンターに着いたのが20時前になってしまいました。
面会時間は20時までなので、着替えを置き、必要最低限の打ち合わせをして、家に戻りました。

一番の問題は、ぐぅ吉の皮下補液と、日々の洗濯です。皮下補液は、やってみなくてはわかりません。でも、引っ越しでばたばたしている時、ひとりでやったこともあったので、何とかなるように思いました。
洗濯については、今のドラム式の洗濯機を買ってからの約2年、私は使わずに来てしまったのです。でもまあ、難しいことはなくて、教えてもらって、何とかやれそうな気がしてきました。

家に帰ると、晩ご飯を済ませ、まずぐぅ吉の皮下補液にトライしました。私の気持ちがわかるのか、とてもぐぅ吉はおとなしく、膝の間にぐぅ吉を座らせ、少し膝で抑えた丈で、すんなり補液は終了でした。
写真は補液の後夫のいすでくつろぐぐぅ吉。
何となく寂しいのか、この前後は、いつになく私の足下に来ては、身体をすりすりしていました。
洗濯も、教わった通りに洗剤を入れて、何とか無事完了しました。

必要なことは何とかひとりでやれそう。入院期間は10日から15日。なんとかなるでしょう。
でもそれはそれとして、夫がいないと本当につまらないですねえ。
早く治って戻るよう、お祈りしています。


2014年5月8日(水)

久々の在宅ワーク

今日は元からの休日。朝からせっせと家でパソコンに向かっています。
期日の迫った連載原稿を書きながら、合間に『宮子塾』の添削をし、かなりせっせとがんばっております。

昼食後、ちょっと息抜きに、スコーン作りのあんちょこをリニューアルしました。
昨日職場に作ったスコーンを持っていたところ、「私も作ってみようかな」と盛り上がった仲間が約2名。その人たちに、お菓子専用の粉を買ったため、余ってしまった薄力粉と、あんちょこを添えて差し上げる約束をしたのでした。
よりおいしい粉を求めて使わなくなった粉をさしあげるのは失礼かと思ったのですが、おいしく焼けるようになるまでには、試行錯誤もありますからね。
安い粉で、がんがん焼いて、うまくなってきたら、次のstep。私もそうしてきたので、初めはどんな粉でも良いと思います。

あんちょこは、右上のように要点だけを書いてあります。
いちいち料理の本を見るのが面倒だったので、一目でわかる手順図を作ろうと思い立ちました。 いざ作ってみると、わかりやすいだけでなく、老眼鏡がなくても見えるので、とても重宝しています。
どうせ作るならかわいい方がいいと思い、気に入った絵はがきを台紙にしてます。
今回は猫作家のエサシトモコさんの絵はがき。メンディングテープで材料を色分けし、分類すると同時にかわいく飾ってみました。

あんちょこは、作りながら見るのに便利なのですが、流し台にお置くのでけっこう濡れるんですよ。
耐久性アップにはラミネーターが最強。
なんと我が家には、古い古いラミネーターがあるんです~。これがその写真です。マイラミネーター持っている人って、なかなかいないんじゃないかな。

そんなこんなで、とても良い休日でした。もう少しこういう日がほしいなあ。とっても仕事がはかどります。
実はこのところ、病院への出勤日が今月は17日なので、家で仕事に集中する日が少なくなっています。
小説の原稿を何が何でも夏には入れたいこともあり、来月から、仕事が少ない日は、午前中だけ働いて帰ってくる日を作りたいと、昨日上司に頼んだのでした。
快くOKしてくださったので、来月から少し半日の日も出てきそう。
また仕事三昧の夏は避けられないな~。


2014年5月6日(火)

黄金週間終了(といっても私は仕事でしたが)

飛び石連休だった今年の黄金週間も、今日で終了です。夫の耳の調子が悪いのと、私がほとんど仕事だったため、近場でのんびり過ごし、給与できた連休でした。
夫の突発性難聴もステロイド内服が明日で一週間。すでに1日60mgから40mgに減量となり、昨日あたりから、改善がはっきりしてきたと言っています。
15年前、夫婦で突発性難聴を患った時も、改善するまでにそのくらいかかったと記憶しています。
このくらいの時期からぐんと良くなってくるはずなので、期待して時間を見ようと思っています。

主任・リーダー通信講座の添削も、まあまあ順調。16日までに18通しあげるのは楽ではありませんが、かなり軌道に乗ってきました。
何より、現場の人たちの声を聞けるのは、大きな収穫。ここでの発見をさまざまな仕事に生かしたいと思っています。


2014年5月4日(日)

小麦の味

今日は一日休み。午前中家で仕事をした後、午後は吉祥寺の街をぶらぶらしました。
昨日は日勤後、駅ビルのアトレにあるクオカという菓子材料専門店で、薄力粉を250gずつ、3種類買いました。最近ホームベーカリーでのパン作りにはまっている夫がいろいろ調べて、おいしい小麦粉がほしいと言い始めたのです。
金曜には、フランスパン専用の粉を買ったのですが、これを機に、スコーンを作る薄力粉も買ってみようと決めたのでした。
そして昨日買った3種類の粉でスコーンを作ったところ、あまりの味の違いにびっくり!これまで買っていた一番安い粉とは、どれも別物で、3種類それぞれに、味の特徴があったのです。

これはもう、買うしかない!と心に決め、今日の夕方、再びクオカへ。3種類の薄力粉のうち、一番おいしいと思った1種類を選んで、2.5kg袋を買いました。

いや~、小麦粉なんてどれでも一緒と思っていたけど、ものすごく味が違うんですね。これも新たな発見。スコーン作りの楽しみが、さらに増えました。


2014年5月2日(金)

明星大学への寄付

今年の黄金週間は飛び石で、暦通りだと4月30日~5月2日が平日になります。
夫は4月29日~5月6日までずっと休みですが、私の休日は4月30日、5月2日、4日のみ。でも、突発性難聴で内服中の夫には、1人の休日も休養にはいいかも。2人でいると、ついつい遊んでしまいます。

今日は平日の2人休み。記入期間が空いているので、かねてから懸案の仕事をいくつか片付けました。
一番の大仕事は、明星大学への寄付金の振り込み。創立50年記念事業への寄付として、大学に10万円振り込みました。
以前このサイトに書いてからずいぶんたってしまいましたが、夫と2人で振り込みに行ける日がなかなかなかったのです。
恥ずかしながら、私はお金のことは夫任せ。ひとりで振り込みに行くのは、どうにも気が進まないんですよね。とはいえ、指定の振込用紙での振り込みは窓口オンリー。平日の日中一緒の休みが、このところ全く取れませんでした。

今日、やっと決めたことを果たせて、ほっとしました。
女子医大の博士後期課程に進めたのは、明星大学の通信制大学院を出ていたおかげ。感謝の気持ちを形にしたいと思いました。

後輩が学びやすい環境を整えるお手伝いが、ほんの少しでもできたらうれしいと思います。


2014年5月1日(木)

給与明細に大感激!

今日出勤したら、25日に支給された給与の明細がデスクに届いていました。給与の締め日の関係で、支給対象の勤務日数は18日。月ごとの出勤日はこれより少ないのですが、18日分まとめての支給になっています。
で、なんと手取りが20万円を越え、久々大満足の稼ぎでありました。支給金額は24万円を越えているので、社会保険と税金で引かれる額もけっこう行ってます。
でもこれだけ払えるのも、甲斐性ってものですから。そう思って、鷹揚に行こうと決めました。

この月収を12ヶ月続けたとして、年収は税引き前で約300万円。常勤だともう少し月収が上がって、賞与が加わるので、なんだかんだで400~500万円は行くのかな。
民間の精神科病院は身体科の病院に比べると、給与水準は低いんですよね。でも、9時~17時の7時間勤務だし、定時で上がれて、サービス残業はなし。そうしたことを考えると、悪い待遇ではないような気がするのですが。……このあたりは、考え方次第でしょうね。

今日も一日、良き仲間と楽しく働き、1日が終わりました。
懐も温かくなったようで、とってもハッピー。ここに勤めて本当に良かったと思いました。