2016年4月30日(土)

GW前半勤務終了

今日で4日間の連続勤務は終了。2日休んで、また来週5月3日(火)から6日(金)まで4日勤です。
ランチタイムのおしゃべりを楽しみに、今回もストレスなしの勤務。家でパソコンに向かうのもよいけど、やはりこうやって仲間と働く時間なしには楽しく暮らせません。
本当によい職場に恵まれたと感謝しています。

明日は夫も同行して反安保の集会に行きます。

テーマ:  「医療・介護・福祉のこれからを問う」

日時 : 5月1日(日) 10:00〜17:00
会場 : 日比谷図書文化館 B1 コンベンションホール

主催:「いのちと暮らしを脅かす安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉関係者の会」
後援:アベ NO THANK YOU ! ーの会、安房「未来を決める千葉の会」

10:00〜17:00 日比谷図書館にて集会
17:00〜      銀座パレード

第1部 10:30〜12:00  
医療と経済の基本的な問題について
本田宏、 沢田貴志、 他 

第2部 13:00〜14:20  
看護・介護のこれからについての展望
どうなる?介護保険 小島美里、伊藤真美 他
看護の今、看護のこれから 対談:川嶋みどり×宮子あずさ

第3部 14:30〜16:00  日本の社会保障のめざすところ 
現政権の市場原理主義にNO!と言うならば、私たちが目指す社会は?     
北欧型社会民主主義なのか、大きな政府の社会主義なのか、
あるいは日本ならではの第三の道があるのでしょうか。

16:10〜16:40 特別講演 香山リカ先生  
安保法制反対の活動に関わってきた経緯や、 
ヘイトスピーチに対する思いなど、お話しいただきます。

看護界のレジェンド・川嶋先生との対談は今から緊張しています。
最近なかなか活動できていないのに、こうした機会に、きちんと意思表明をしなくては。 明日はがんばってきます!


2016年4月27日(水)

1週間ぶりの勤務

今日から土曜日まで、4日勤開始。先週水曜日以来の勤務になります。
金曜から、世は大型連休。夫も10連休に入りますが、私は祝日はすべて勤務になっています。

この1週間、出講以外は家で原稿を書いたり、これからの予定を整理したり。また、秋に行われる学会で座長を務めるシンポジウムの抄録提出が近づき、参加者の方へのアナウンスをしました。
実はシンポジウムの座長って、記憶に残る限りは、初体験。アナウンスが出遅れてしまい、参加のみなさまには、全体の方向性がわからず、ご心配をおかけしたことでしょう。
本当によい経験をさせていただいています。

昨夜は看護職生涯発達学の博士後期課程のゼミに出て、院生の研究にまた触発されました。
そして、今日からは身体を動かす訪問看護の仕事。本当に、看護師という仕事は、頭も身体も使えるよい仕事だと実感します。

さ~~~ 。4日間楽しく働くぞ~!


2016年4月25日(月)

「サルトルに学んだ文系の意義」-投書より

上は先週土曜日、朝日新聞に掲載された投書です。これは絶対このサイトでご紹介しようと思い、切り抜きながら、なかなかアップできませんでした。
この講義をした先生は、誰だったのでしょうね。筆者は46歳。大学時代というと、25年ほど前かな。1990年頃。サルトルは、すたれきっていた時期だと思います。う~~~ん。誰だろう。
とてもすてきな投書ですね!


2016年4月24日(日)

勝部元気氏の小気味よいブログ

今日は1日夫婦で楽しい休日。新宿などへ買い物に行きました。
熊本の地震はようやく揺れが収まってきたようですが、被災地でノロウィルスがはやるなど、次から次に難問がやってきています。
無力を自覚しつつ、少しでも状況が良くなるよう、関心を寄せ続けようと思います。

一方で、大きな事件や災害があると続報が絶え、忘れられてしまう事件もいろいろあって。これも気になるところです。
これも忘れないようにしたいと思い、そのためにも、情報をとるようにしています。
こんな時はネットがやはり頼りになります。個人のブログや、ネットのメディアに寄せられるコラム。玉石混淆ですが、中には見るべきものが少なくありません。
マスメディアでは追わなくなったテーマでも、こだわりを持つ人が、関心に沿って探求・論考を続けているんですね。

今日は、「保育園落ちた。日本死ね」ブログに対して旧態依然とした批判をした山田宏氏に対する若いコラムニストのコラムに、とても感銘を受けました。以下、一部ご紹介します。

なぜ、「親の責任」を指摘する男たちは愛人・隠し子を作るのか?

ハフィントンポスト日本版 2016年04月23日 14時56分更新

自民党より参議院議員に立候補を予定している元衆議院議員の山田宏氏に隠し子がいたことを週刊文春がすっぱ抜き、話題になっているようです。山田氏と言えば、過去にも衆議院議員の渡嘉敷奈緒美氏(自民党)との不倫疑惑が報道されていましたが、つい先日も「保育園落ちた死ね」のブログに対して、「落書きですね」「生んだのはあなたでしょう」「親の責任でしょ」等の暴言を吐いて、批判を浴びていました。

その山田氏ですが、妻へのインタビューをした文春の報道によると、一度は自分の子ではないと疑惑を否定(結局は弁護士を通して認知したとのこと)。しかも、実の家族に対しても子育てにはほぼノータッチで、自宅には月2、3回しか帰らない生活を送っているとのことです。さらには現在山田氏の側から離婚裁判を起こしているというのです。

不倫した女性との間に子供を作り、家族を垣間見ない行動を取っておきながら、一方で庶民に対しては「親の責任だ!」と吐き捨てる。そのあまりの言行不一致さに、怒りを通り越して、呆れか返った人も多いかと思います。早速、ネット上では「親の責任を果たしていないのはどっちだ!」という批判が数多く寄せられていました。

●子育てをしていない男性が子育てを語る理由

でも、なぜ、彼は親の責任と言いつつも、平気/p>

昨日は夫婦で過ごした日曜。午前中はゆっくり休んだ後、午後は吉祥寺の街を歩き回りました。月曜休みと思うと、日曜日が本当に気楽に過ごせます。

けれども日程調整でひとつ大失敗をしていたのが発覚し、週明けはとてもブルーでした。
私は大学院修了後も東京女子医科大学の看護学生涯発達分野に非常勤講師として関わっています。5月は、「一門会」と呼ばれる在学生、修了生が一堂に会する集まりがあり、私も楽しみにしていました。
ところが、 開催日の5月14日(土)を、5月7日(土)と勘違い。長野県への出講を入れてしまったのです。

この会は毎年1回行われ、原則的に「黄金週間の連休後、最初の土曜日に開催する」ことにになっています。私の休みは暦通り。5月6日は平日なので、5月7日が「黄金週間の連休後、最初の土曜日」にあたります。
ところが、実際選ばれた日は5月14日。5月8日まで休む夫の休みを考えれば、確かにこちらなのですよね。
いずれにせよ、日にちを確認しなかった私のちょんぼであります。

あ~~~~~~~~。ほんとうに、自分が嫌になりました。
ばかばかばか、ばか!なんてばかな自分。
これまで意外と、すんでの所でなんとかなっていたのに。今回はリカバー不能でした。

これで大ブルーなところに、さらに追い打ちをかけたのは、ある学会の学術集会の事前申し込み。ゆうちょ銀行への振り込みとの説明を、郵便振替と勘違いして、振込先の桁数が合わないと大混乱してしまったのです。
結果、申し込みの窓口に問い合わせの電話をかけ、担当者不在のため再度メールし........。結果的に、勘違いを教えてもらいました。
もう自分は生きている価値もないのではないか。まじ、そこまで落ち込んでしまいました。

けれども落ち込んだおかげで、一心不乱に研究に取り組み、データの整理が一段落。まだ始めたばかりですが、考える材料が少しそろった感じです。
もうほんと、仕方ないですね。落ち込んでいても始まりません。
気を取り直してがんばりましょう.......。


2016年4月16日(土)

鳥ときのこのクリーム煮玄米ご飯添え

昨日は午前中人間総合科学大学でリエゾン精神看護の講義。帰宅後急ぎの原稿を書き上げたのですが、思いの外時間がかかってしまいました。
そのため、夕食の支度ができず、夜ご飯はお刺身を買ってささささっと終了。昨日のメニューに準備していた鳥ときのこのクリーム煮を作る食材は、夕食後調理して、土日で食べることにしました。
土曜は日勤なので、作りおきを作ると楽。ところが、最後の最後に塩を入れすぎ、絶望的に辛くなってしまって......。今日夕食で食べるまで、いったい食べられるんだろうかと、不安な気持ちでした。

そして今夜、これを温め、玄米ご飯にかけて食べたところ、意外にちょうどいい塩加減!ご飯にかけるにはこのくらい辛くてOKでした。
いやいや、ほっと一安心ですよ。

昨日、4月15日は父の命日でした。2000年のあの日から、もう16年が経ったんですね。本当に早いものです。
お願いしていた十七回忌の回向も、無事終了したとのこと。丁寧なお便りをお寺からいただき、ほっとしました。
そして明日、4月17日は母の命日。亡くなって丸4年になります。

日常の中で、料理の味付けに一喜一憂するのも、生きていればこそ。
予想以上においしかった「失敗作」に喜びながら、なぜか、この世にご縁がある間は、楽しく生きたいなあとしみじみ思ってしまいました。

そして、一昨日から始まった熊本の地震はまだ収まりません。一日も早く地震が静まり、復旧に向かうよう心から祈っております。


2016年4月14日(木)

嗚呼、もう木曜日!

先週に続いて今週も、4日間出勤になりました。
先週と違うのは、月曜日が半日だったこと。 とは言え、午後も研究指導の仕事に出たので、1日仕事でした。

火曜水曜は肌寒く、昨日は雨にも降られました。今日の午後から晴れ間が見え、ようやく気温も上がりました。
嗚呼、もう木曜日。1週間が終わります。

かなり体力を消耗したところで、今日は博士後期課程のゼミ。明日は岩槻の人間総合科学大学でリエゾンの授業。そして土曜は日勤...。
もうひとがんばり、がんばります!


2016年4月11日(月)

臨床看護研究指導

今日は午後から、都内にある病院への研究指導。以前勤務してた病院の上司が看護部長をしている、200床程度の病院です。
看護研究グループの人と顔を合わせるのは今日が初めて。私もかなりどきどきでしたが、皆さんとても熱心で、私の方がいろいろと学ぶことが多かったです。
忙しい中での看護研究は、とにかく最小の労力で最大限の成果が得られるよう、支援するのが大事。初対面で緊張しながらも、研究テーマの絞り込みを行いました。
後から、担当の科長さんから、「みんな楽しそうに話していましたね」問い言っていただき、大感激。この上ない褒め言葉でした。
俄然やる気が出たぞ!次回面接指導は5月9日。連休明けです。

今日は1日休みの予定が、午前中半日日勤。今日出勤予定だったスタッフが、お子さんの病気で出勤不能になったのです。
午前中しか出勤できなかったので、午後の勤務者は2名。遠方の人が今日は多いため、なかなかのハードワークです。
思案の結果、午後の訪問1名午前中に異動。私がいるうちに回れて良かったです。

あすからまた3日勤。金曜は人間総合科学大学の授業で休み、土曜はまた日勤になります。
合間に連載の原稿も書かなくちゃ。今週も充実した1週間になりそうです。


2016年4月9日(土)

ぐぅ吉の腎機能データは横ばいでした!

今日は午後からぐぅ吉の定期受診。3ヶ月に一度、腎機能を調べるための採血に通っています。
主に見るデータはクレアチニンと尿素窒素で、後者は食事に多少影響されます。
日中は寝ていて食事をとらないため、午後遅めの時間のデータが比較的正確。のうのうと寝ているところを連れて行くのはかわいそうなのですが、今日も15時過ぎに連れて行きました。
写真は、「捕獲」前のぐぅ吉です。

結果は、クレアチニンが3.6と前回1月のデータと同じ。尿素窒素は34で若干下がっていました(前回37)。ほっと一安心です。
また、今回は、採血の割引期間だということで、他の採血項目を網羅的に見てもらいました。リン、総タンパク、アルブミンなど、異常な値は見られず。クレアチニン以外は問題ない結果でした。

この5月で、皮下補液生活も丸7年になります。すこぶる元気な様子を見ていると、本当に腎臓が悪いのかな、と思うほどなんですよね~。
でも、やっぱり皮下補液をやっているからこその、この快調さなんでしょうね。
今日も帰りには皮下補液に使う薬液10本(1本5回使用)と輸液要チューブ、針などを見合うだけいただいてきました。
採血、爪切りと合わせて、約2万5千円也。これこそまさに命の値段とも言えましょう。動物の命は、飼い主の甲斐性にもかかっているのです。

今日はたまたま狂犬病の予防注射の期間と重なり、待合室は犬と飼い主さんで満員。スタッフの皆さんも大忙しでした。
去年もこの時期に来てしまい、次回はこの期間を外そうと思っていたのですが.....完全に失念。今年も重なってしまいました。
4月前半の2週間ほどがその時期に当たるそうなので、来年こそ気をつけたいと思います。
でも、いろいろな人が来ていて、良いこともありました。
盲目の犬を飼うご夫婦と話が弾み、「障がいを持つ動物のいとおしさってありますよね」と言い合ってしんみり。 うちもがんばろうと気持ちを新たにしました。

無事15歳を迎え、今のところ腎不全は横ばいのぐぅ吉。一番ありがたいのは、きちんと嫌がらず補液を受けてくれることですね。 どこまで自分のことがわかっているのかは未知ですが。
飼い主としては、ぐぅ吉がこの先ものほほんと長生きできるよう、日々の補液に励むつもりです。


2016年4月8日(金)

3年目の「リエゾン看護論」

人間総合科学大学看護学科の、リエゾン看護論を担当するのも今年で3年目になりました。今日から1日2コマずつ計4回、岩槻の校舎に通います。
初日の今日は、家を出るのがちょっと遅れて、ぎりぎりの到着になりました。学生さんたちはきちんと定刻に来ていて、ばたばた教室に入ったのが決まり悪かったです。反省。

授業の内容は、専門看護師の制度から、リエゾン精神看護専門看護師が対応しなければならないような事例まで。なるべく現場での話を中心にお話するつもりです。

初日の今日は、学生さんの熱心さに助けられ、なんとか順調に終わりました。話の中で、准看護師制度に触れたところ、今ひとつ制度についてぴんと来ない人がいるように思え、少し詳しく話しました。
3年目になり、毎回の授業で少し脇道に逸れても話が駆け足にならないよう、余裕を持って予定を立てています。
このやり方は、なかなかよさそう。次回もがんばろうと思います。

そして、昼食は大宮駅前の日高屋で済ませ、帰宅は14時過ぎ。これも毎年のパターンになりました。


2016年4月7日(木)

珍しく残業をした2日間

月曜からの4日勤も今日で終わり。昨日は19時半まで、今日は18時まで残業になりました。
先ほど家に帰り着き、ほっと一息。今日は朝からひどい雨の中、ほとんどの勤務者が7、8件の訪問で駆け回りました。
私は7件。さすがに、身体の心から疲れた感じです。
最後の訪問を終えて帰ってくる時、雨がようやく上がってました。訪問看護室への帰室は16時45分。記録を終えたのは、18時でした。
でも、今日は私が最後ではありません。科長さんは私の後まで残り、まだ少し時間がかかりそうでした。

いや~、この2日間は、よく働いた!
昨日は、利用者さんリストの主治医や受け持ち看護師、デイケア担当者などの情報を更新。新年度はいろいろ交代があるので、一気に更新しておかないと、訳がわからなくなるのです。
このところ訪問が多いので、なかなかまとまった時間が取れず、気になっていました。これは残って一気にやるしかないと腹をくくり、仕上げてすっきりです。

今日印象に残ったのは、団塊の世代の男性との会話。

男性「曽野綾子の本読んだら、落ち込んじゃったよ。内容がきびしいんだもん。俺みたいな人間は生きてちゃいけないみたいな気になったよ」
宮子「あの人、人の手を借りて生きている人に厳しいですからね。読まない方がいいですよ」
男性「三浦綾子と間違えて買ったんだよ」
宮子「それは違いすぎましたね」
男性「でもさー、どっちもクリスチャンでしょう。なんであんなに違うのかなー」

三浦綾子と間違えて曽野綾子を買った。これを聞いて私は思わず笑いをかみ殺してしまいました。不運すぎます。
ただこの二人、意外にややこしいのです。なぜなら、曽野綾子の夫は三浦朱門。勘違いする人がいても不思議はありません。
ただこの男性は、そこまで考えて勘違いしたわけではないとのこと。
三浦綾子のつもりで曽野綾子を読んだら、かなり精神的にやられるでしょうね。本当にお気の毒でした。

「どっちもクリスチャンでしょう。なんであんなに違うのかなー」との彼の疑問は、実にごもっとも。私もそう思います。
曽野綾子はカソリック、三浦綾子はプロテスタント。そこで大きく分かれるのでしょうか。
キリスト教徒は縁遠い私には、判断がつかないのですが、今後少し関心を払いたいと思いました。


2016年4月5日(火)

『これからのエリック・ホッファーのために:在野研究者の生と心得』

昨日の日勤後、ブックス・ルーエという近所の書店で、夫婦で本を見ました。
年度末にかけて帰りが遅かった夫も、やっと一段落。昨日はそんな余裕がありました。

まず購入したのは、『決定版! 週末作って毎日簡単! 作りおきのラクうまおかず350 』(ナツメ社)。これ、なかなか良さそうです。
作りおき料理の本は何冊か買って、中にははずれもありました。だから今回はかなり検討してから購入。今日は日曜に食べたポトフの残りを食べる予定なので、明日以降、どれを作ろうか検討するつもりです。

そしてもう1冊は、荒木優太氏による『これからのエリック・ホッファーのために:在野研究者の生と心得』(東京書籍)。
大学にがっちり所属しない形で研究を続けた人たちに光を当てた、異色の著作です。

取り上げられている研究者も魅力的なのですが、エリック・ホッファー(港湾労働者として働きながら著述を続けた哲学者)について引き合いに出しながらの、著者自身の解説も魅力的。研究をしながら働くことへの温かいまなざしを感じます。

まず、最初に紹介される三浦つとむの章の文章。

過酷な肉体労働をこなしつつ同時に勉学にも励んでいたホッファーは、生活の糧を得るための労働と思考を駆使する読み書きの仕事との両立に悩み続けた男だった。五十三歳頃にカリフォルニア大学バークレイ校での講義を任された際に仲良くなった有名な女性哲学者ハンナ・アーレントの概念で言えば、レイバー(食うための仕事)と、ワーク(残すための仕事)との相克である。

晩年のホッファーは、おそらくは長年の実感によって得たであろう、「六時間という具体的な数字を口にしていた。
「われわれは、仕事が意義あるものであるという考えを捨てなければなりません。この世の中に、万人に対して、充実感を与えられるような意義ある職業は存在していないのです。(中略)そういうわけで、私は、一日六時間、週五日以上働くべきではないと考えています。本当の生活が始まるのは、その後なのです」(ホッファー『エリック・ホッファー自伝―構想された真実』(作品社)より)

食うために働くときは黙って働け。ただし、きちんと時間を決めて。課せられた苦労のあとに本当の「仕事」、「本当の生活」が始まるのだから。労働に対して生半可にやりがいなど求めず、研究(やりたいこと)と生活(やらなければならないこと)をきっちり分けて、それぞれを独立させようとするホッファーの考え方は、きわめて潔い。

これまで私は、看護師をジョブ、著述をワークと割り切って考えようと思う一方で、看護師の仕事を、そこまで割り切って考えられないまま、ここまで来ています。
結果として、看護することと著述は、かなり込み入った関係になっています。今しばらくはこのまま生きていこうと思いますが、確かに、時間との闘いは、常に問題になりますね。

この週に5日、1日6時間まで、という枠は、正しいと思います。帰ってから書こうと思うなら、週に30時間以内が限界かな。やっぱり。
ちなみに私は今週、1日7時間×4日間働きます。

まだ初めのところしか読んでいないのですが、働きながら研究を続けた人がこんなにいるなんて。とても力づけられています。
働きながら学ぶ人に、お薦めの1冊。著者の荒木氏は1987年生まれの文学研究者。なんと私が看護師になった年に生まれた方でした。
ご自身も、清掃の仕事を続けながら有島武郎の研究を続けているとのこと。頭が下がります。彼の今後の発信にも注目していこうと思います。


2016年4月3日(日)

花見と墓参

今日はお彼岸の時にいけなかった両親の墓参に行きました。
池上本門寺は、桜の名所でもあります。まさに満開でした!

早いもので、今年父の十七回忌。お寺さんから連絡をいただき、はっと気づきました。日程がなかったので、お墓参りとは別に、お経とお塔婆を頼みました。

寺の門の前には、茶色い猫もいて、本当に人になれています。
子どもに触られてもじっとしていて、カメラ目線で写真に撮られているんですよ。
いやいやびっくり。どこかで飼われているのかな。
そう思ってみたら、首の後ろがしっかり刈り込まれているのを発見。皮膚の病気か、けがかわかりませんが、やはり誰かがお世話しているんでしょうね。

お天気は曇天。でも、天気はもちそうだったので、そのまま東急を乗り継いで、夫の母校東工大、さらに目黒川沿いへと花見のはしごをしてしました。
右は東工大キャンパス。

左は目黒川沿いで、不動前で降りて、中目黒まで歩きました。
かなりの人手で、さすが桜の名所ですね。

昨日は訪問看護の仕事の後、井の頭公園でもお花見をしたし。今年も夫婦で桜を堪能し、いよいよ春本番です。


2016年4月1日(金)

喜ばれた訪問

ここ最近訪問軒数と私の予定の関係で、金曜の休みがとても多くなっていました。ですから、今日出勤すると、金曜日訪問の利用者さんとは、なんとも「お久しぶりです」な感じ。新鮮でした。

今日訪問した高齢の女性は、12月以来の訪問です。私が行くと、「辞めちゃったのかと心配していたのよ」。涙を流して喜んでくれました。
私も彼女のこと、とっても好きなんですよ。
八十代で、とてもかわいらしい方。生活保護を受けての独居ですが、病気さえなければ、どんなにすばらしい人生を送ったことでしょう。
今も気品あふれるその人と、話をするのはとても楽しいです。

今日から新年度。訪問を喜んでもらえて、さい先の良いスタートです。